【初心者必見】ハイローオーストラリアで勝ちやすい時間とは?

クロネコ

ハイローオーストラリアで稼ぎたいんですけど、勝ちやすい時間ってあるんですか?
為替の相場には流れがありますので、予測がしやすい時間帯などがあります。
また、バイナリーオプション取引の場合は「取引時間」も重要なポイントなので、そのあたりを詳しく解説していきましょう。

先生

ハイローオーストラリアは誰でも気軽に参加できるバイナリーオプション取引を提供する海外業者です。

もっとも大きな特徴には最短30秒という超短期的な取引を用意しているところが挙げられます。

バイナリーオプションで稼ごうと思ったら、自分にとって勝ちやすい取引時間を知ることが重要です。

また、チャート分析をおこなう上では時間帯という要素も欠かせない点と言えます。

この記事ではハイローオーストラリアを利用する上で知っておきたい時間にまつわる情報をまとめました。

これからハイローオーストラリアに挑戦する方はぜひ参考にしていってください。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

ハイローオーストラリアで勝ちやすい時間を解説!【取引時間や時間帯】

ハイローオーストラリアでは以下の取引時間を用意しています。

【ハイローオーストラリアの取引時間】

  • ハイロー取引:15分・1時間・1日
  • ターボ取引:30秒・1分・3分・5分

ハイロー取引の場合はあらかじめ設定されている約定時間をベースに取引がおこなわれます。

仮に12:00ちょうどに約定時間を迎える15分取引を選んだ場合だと、11:45~11:59までの間であれば注文を出すことが可能です。

そのため、15分のハイロー取引でも約定時間まで1分というトレードは出来ます。

ただ、ハイローオーストラリアのペイアウト率は固定制なので取引時間が短くなったところでペイアウト率が上がるということはありません。

この条件で考えると、短時間の取引をするのであればペイアウト率が高いターボ取引を選んだ方がお得と言えるわけです。
(スプレッドの有無によってもペイアウト率は変化する)

ちなみにターボ取引の場合は自分が注文を出したタイミングからカウントが進んでいきます。

つまり、30秒や1分といった取引なら自分が勝ちやすい時間を計算しながら注文が出せるということです。

こうした基本的な知識をもとにしながら、ハイローオーストラリアで勝ちやすい取引時間について見ていきましょう。

ハイローオーストラリアで勝ちやすい取引時間は?

ハイローオーストラリアで勝ちやすい取引時間は「1分のターボスプレッド取引」「1日のハイロースプレッド取引」です。

慣れてきたら「30秒のターボ取引」にも挑戦してもらいたいところですが、まずはそれぞれの特徴やおすすめする理由をご紹介していきます。

【勝ちやすい取引時間おすすめランキング】

  1. ターボスプレッド取引:1分
  2. ハイロースプレッド取引:1日
  3. ターボスプレッド取引:30秒

①ターボスプレッド取引「1分」

ターボスプレッド取引とは「取引時間が短く、約定レートにスプレッドが加算される取引」となります。

通常のターボ取引より予測を当てるのが難しいと理由から、そのペイアウト率はなんと2.15倍~2.2倍です。

ペイアウト率2.2倍という条件で超短期的なバイナリーオプション取引が出来るところは、ハイローオーストラリア以外にありません。

もちろんビギナーからは「1分のターボスプレッドは難しいから稼ぎにくそう…」といった意見も出てくるかと思いますが、コツさえ掴めば1分ターボスプレッド取引でしっかりと勝ちきれます。

1分のターボスプレッド取引で稼ぎたい方は以下のポイントを抑えておきましょう。

  • 取引するのは明らかなトレンド相場のみ
  • 基本は流れに逆らわず順張りでエントリー
  • ボリンジャーバンドとRSIを見て値戻りの確率が高まったら逆張りエントリー

1分という短い時間の中でスプレッドを超える値動きを狙うならトレンド相場で勝負するしかありません。

そこで、まずはチャートを見て相場の流れを確認します。

画面中央で明確なトレンドが発生していますが、こうしたときは勝負のタイミングです。

強めの下降トレンドなので「LOW」に順張りすれば高確率で勝利が納められます。

また、ボリンジャーバンドやRSIといったインジケーターから値戻りのタイミングを見計らうのも大事です。

RSIの数値が30%を下回ったら値動きが転換する可能性が高くなるので、レートが上がり始めたら逆張りエントリーを狙いましょう。

トレンドの流れさえ分かれば1分のターボスプレッド取引は勝ちやすい取引時間と言えます。

ペイアウト率も高いのでぜひ挑戦してみてください。

②ハイロースプレッド取引「1日」

取引時間1日のハイロースプレッド取引も比較的勝ちやすい条件と言えます。

何度も取引を繰り返して利益を積み重ねるより、1回の取引で大きな利益を出したい人にはおすすめです。

ちなみにペイアウト率は2倍なので、トータルの勝率が50%以上であれば損をしない計算となります。

この1日という取引時間の魅力は余裕をもって予測ができるところです。

また、取引時間が半分くらいまで過ぎたタイミングで、その日の流れが上昇傾向にあるなら「HIGH」、下降傾向にあるなら「LOW」に注文を出すだけでも予測が当たったりします。

あとは過去1週間の流れを見ればおおよその値動きは把握できますので、初心者の方はこの1日取引から始めてみてはいかがでしょうか。

③ターボスプレッド取引「30秒」

1分のターボスプレッド取引で高い勝率をキープできるようになったら、30秒のターボスプレッド取引に挑戦してみてください。

約定までの時間がタイトなので1分取引より難しくはなりますがコツやエントリーポイントは同じです。

ちなみに30秒ターボスプレッド取引はペイアウト率が2.3倍となり、ハイローオーストラリアではもっとも高いペイアウト率が設定されています。

クロネコ

最初は1日取引から始めてみたいけど、30秒や1分といった短期取引も気になりますね。
短期売買は海外バイナリーオプションの醍醐味なのでぜひ勝負してみてください。

先生

ハイローオーストラリアで勝ちやすい時間帯は?

為替相場には同じような時間帯に値動きが活発になるタイミングがあります。

そういった時間帯を狙って注文を出すのもハイローオーストラリア攻略に欠かせない知識です。

【勝ちやすい時間帯について】

  • 週明け月曜日の窓開けトレード
  • 東京市場が開く毎朝9時
  • ニューヨーク市場が開く毎晩22時

値動きが活発になるタイミングというのはスプレッド付きの取引が勝ちやすくなる時間帯とも言えます。

たとえば週明けの月曜日にはチャートに大きな窓が開き、それを埋めようと大きな値戻りが起きることもあります。

上のようなチャートを発見した場合は、しばらく「HIGH」に注文を出しておけば高い勝率をキープできるということです。
(30分の間レートは上がりっぱなし)

また、東京市場が開く朝9時ニューヨーク市場が開く夜22時前後は値動きが活発化するタイミングなので狙い目と言えます。

こうした勝ちやすい時間帯を知っておけば初心者でも稼げるようになりますので参考にしてみてください。

クロネコ

ローソク足同士が離れるくらい値動きが進んだときを「窓が開く」って表現するんですね。
その通りです。
バイナリーオプション取引にとって窓開けのタイミングは勝ちやすい時間帯と言えますので常に狙っておきましょう。

先生

まとめ

ハイローオーストラリアで勝ちやすい取引時間や注文を出せば勝ちやすい時間帯に関する情報をご紹介してきました。

為替相場は時間帯によって値動きの激しさが変わってきます。

たとえば日本時間の深夜3時以降はほとんど値動きが進まないのでスプレッド付きの取引をするには向きません。

反対に東京市場やニューヨーク市場、その他ロンドン市場が開くタイミングは値動きが活発になるのでスプレッド付きの取引でも勝ちやすくなります。

こうした時間帯を理解した上でそのときの相場に適した取引時間を選ぶことが重要なので、ぜひ覚えておきましょう。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから