ハイローオーストラリアでの禁止行為を総まとめ【口座開設前にチェック】

クロネコ

ハイローオーストラリアで口座開設しようと思っているんですが、禁止されている行為って何かあるんですか?
出来れば先に知っておきたいです。
ハイローオーストラリアではいくつかの禁止事項を設けています。
取引や入金に関わる部分などがありますので、詳しくその内容を見ていきましょう。

先生

ハイローオーストラリアは日本人トレーダーも多く利用している海外のバイナリーオプション業者です。

そんなハイローオーストラリアではいくつかの禁止行為が設定されているので、これから口座開設をする人はあらかじめその内容を知っておきましょう。

禁止行為の中には抵触することで口座凍結がされてしまう重大なものもあります。

また、明確には禁止行為と提示されていなくても、ハイローオーストラリア側から「不正な取引では?」と怪しまれてしまう行為などもありますので、そういった部分も確認していってみてください。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

ハイローオーストラリアの禁止行為をすべてまとめてみた!【口座開設前にチェック】

手, タイプ, キーボード, お金, ファイナンス, ビジネス, テーブル, 木材, 入力, 技術

ハイローオーストラリアは世界中のトレーダーが利用している信頼性の高いバイナリーオプション業者です。

そのため、利用者を騙して口座凍結するようなことや不当な出金拒否などはありません。

ただし、利用者が禁止行為をおこなった場合は話は別です。

ハイローオーストラリア側ではあらかじめ「これをやったら強制解約(アカウントの抹消・口座凍結)の措置を取りますよ」という行為をまとめてくれているので、その内容を確認していきましょう。

【ハイローオーストラリアのホームページ画面(よくある質問ページ)】

こちらがハイローオーストラリアの禁止行為です。

抜粋すると以下のようになります。

・レートの遅延やフロントランニングを狙った取引
・業者間アービトラージ等の自動売買ソフトの利用の疑いがあると弊社が判断する場合
・クレジットカードの乱用が認められた場合
・取引額と比べ、入出金額が通常の範疇を超える金額と弊社がみなす場合
・本人確認書類や公共料金、郵送物等に偽造を施した場合
・同一人が複数口座を開いたことが確認された場合(両方の口座を解約することがあります)

引用:ハイローオーストラリアHP

文章を読んでなんとなく分かるものから、初心者にとっては聞きなれない専門用語まで並んでいます。

ということで、それぞれの内容を詳しく見ていきましょう。

ハイローオーストラリアの禁止行為①レートの遅延やフロントランニングを狙った取引

ハイローオーストラリアの取引で使われているレートは他の配信機関から得ています。

このレート配信機関は別のFX業者やバイナリーオプション業者にもレートを提供しているので、場合によっては他社と比較してハイローオーストラリアの方がレートの反映が遅くなる可能性があるわけです。

こうしたレートの遅延ばかりを利用して取引をおこなっているとみなされた場合は、禁止行為に抵触するトレーダーと判断されます。

とは言え、このレートの遅延というのは微々たるものです。

普通に取引している限りは気付かないことが大半で、たとえ気付いたとしても手作業ではほぼ間に合わない方法と言えます。

また、フロントランニングというのは業者側がおこなう不正行為のことです。

バイナリーオプション業者やFX業者側が顧客の注文を受け、その顧客の注文を流す前に自ら取引をおこなうことを指します。

そのため、こちらも一般的なトレーダーにとってはあまり関係のない禁止行為と言えるでしょう。

ハイローオーストラリアの禁止行為②自動売買ソフトの利用

ハイローオーストラリアでは自動売買ソフトを使ってのシステムトレードを禁止行為としています。

先ほどのレートの遅延を狙った取引も自動売買ソフトを使えば可能になるかもしれませんが、そもそも自動売買ソフトを経由して注文することは禁止されているので結局は実行できません。

ちなみにバイナリーオプションの場合だとハイローオーストラリア以外にも自動売買ソフトの利用を禁止しているところが多いです。

海外FXだと自動売買ソフトの使用がフリーなのですが、バイナリーオプションの場合はNGのところが大半と覚えておきましょう。

なお、日本ではこうしたバイナリーオプション用の自動売買ソフトを売りつける詐欺的な事件がたまに起こっています。

投資詐欺のひとつのようなものなのですが、そもそもハイローオーストラリアでは自動売買ソフトが使えないということさえ知っておけばこうした被害にも遭わなくて済むでしょう。

(つまりハイローオーストラリアで勝率80%以上!などと謳っている自動売買ソフト・類似商材はすべて詐欺ということになります)

ハイローオーストラリアの禁止行為③クレジットカードの乱用

クレジットカードで入金をおこないすぐにそのお金を引き出す行為、クレジットカードの限度額いっぱいまで入金をおこなう行為などは、こちらの「クレジットカードの乱用」に抵触する恐れがあります。

これの何がダメなのかと言いますと、クレジットカードで入金をおこないすぐに引き出すのはクレジットカードを現金化する古典的な手法だからです。

特に最近は国際的にマネーロンダリング防止の風潮が強まっているので、ハイローオーストラリアがマネーロンダリングの温床にならないための措置とも言えます。

もちろん他人のクレジットカードで入金をするといったことも禁止行為に該当しますので注意しましょう。

これはたとえ家族・夫婦の名義であったとしても認められません。

ハイローオーストラリアの禁止行為④取引額と入金額の差が通常の範疇を超える

こちらもマネーロンダリングを防止するための措置と言えます。

普段の取引額が毎月1~3万円くらいなのに、あるときいきなり100万円くらいの入金がおこなわれ、少し取引したあとに引き出そうとするとハイローオーストラリア側から怪しまれます。

・不正な手段(犯罪行為)で100万円という利益を得た

・そのまま持っていると出自の分からない100万円となってしまう

・そのためハイローオーストラリアに一度入金する

・ちょっと取引してから100万円を引き出せばバイナリーオプションで得た正当なお金として認められる
・こうしたマネーロンダリングを防止するための禁止事項

大まかに説明すると上記のようになりますが、普段の取引額と入金額が大幅に乖離しているとこうした疑いを持たれてしまうわけです。

ハイローオーストラリアの禁止行為⑤本人確認書類などの偽造

ハイローオーストラリアで口座開設するときに本人確認書類を偽造していたことが分かると、一発で強制解約といった措置を取られます。

偽造した本人確認書類を利用して不正に利益を得た場合は、ハイローオーストラリアの強制解約だけでなく刑事・民事事件になる可能性もゼロではありません。

そのため、絶対に本人確認書類の偽造はやめましょう。

ハイローオーストラリアの禁止行為⑥同一人物による複数口座の開設

ハイローオーストラリアではひとりに付きひとつの口座までしか持てないようになっています。

これは別口座間でのアービトラージ取引などを禁止するための措置とも言えます。

そのため、一度口座開設をおこなったらその口座を使い続けてください。

仮に何かしらの事情で口座を作り変えたい場合は、一度ハイローオーストラリアのサポートセンターまで相談しましょう。

もちろん複数の口座を使いたいからといって兄弟・姉妹・配偶者などの名義で口座開設をするのもNGです。

そのほかに注意したいハイローオーストラリアの禁止行為

ハイローオーストラリアのホームページに記載されていた禁止行為以外にもいくつか注意したい行為がありますので、最後に少し説明を加えておきます。

まず、ハイローオーストラリアで取引をする際に「連打エントリー」をおこなうと自動売買ソフトの使用が疑われる可能性があります。

連打エントリーはバイナリーオプション取引における投資テクニックのひとつでもありますが、やりすぎると「自動売買ソフトがシグナルに反応してエントリーしているのでは?」と思われてしまうわけです。

また、友人同士で一斉に反対売買をおこなう行為も、悪質な場合は処分の対象となる可能性があります。

たとえばペイアウト率2.3倍の取引の場合、自分と友人の口座でハイとローに1,000円ずつ投資したとしましょう。

このとき、片方はゼロ円になりますが、片方は2,300円の払い戻しとなります。

そうなると2人合わせて300円のプラスになるわけです。

この行為を100万円でやったとしたら2人で30万円の利益が得られてしまいます。

(※実際のところだと1回の投資上限額は20万円、ただし繰り返していけば同様の利益が得られてしまうのでNGということ)

こうした事例も含めて複数の口座を開設することは禁止されているので、友人同士で同様の方法をおこなうことは止めましょう。

バレないと思っていてもIPアドレスなどを解析すればすぐバレることになります。

まとめ

ハイローオーストラリアでの禁止行為についてまとめてきました。

ご覧いただいたように、ハイローオーストラリアで禁止されている行為というのは悪意がない限り抵触することがありません。

そのため、普通に利用する分にはまったく問題がないと言えます。

こうした禁止行為を理解した上で、ぜひバイナリーオプションに挑戦してみてください。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。