ハイローオーストラリアではスキャルピングが禁止?【口座開設前に確認】

クロネコ

ハイローオーストラリアではスキャルピングが禁止されているって聞いたんですけど本当ですか?
そうですね。
ハイローオーストラリアの利用条件にはスキャルピングのような取引が「禁止行為」に含まれています。
その理由などについて詳しく説明していきましょう。

先生

これからバイナリーオプションを始めたい!と考えている方におすすめしたい業者がハイローオーストラリアです。

ハイローオーストラリアは世界中のトレーダーが利用する優秀なバイナリーオプション業者で、多くの日本人トレーダーも登録をおこなっています。

しかし、そんなハイローオーストラリアを利用するにあたっては、いくつかの「禁止行為」を理解しておかなければなりません。

そこで、この記事では禁止行為のひとつである「スキャルピング」に関する情報を詳しくまとめました。

「ハイローオーストラリアでスキャルピングが禁止ってどういうこと?」
「そもそもハイローオーストラリアが提供する30秒や1分の取引はスキャルピングに該当するんじゃないの?」

こうした疑問をお持ちの方は、ぜひ最後までご覧になっていってください。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

ハイローオーストラリアでスキャルピングが禁止ってどういうこと?

ハイローオーストラリアはセントビンセント・グレナディーン諸島に籍を置き、同国の法律に従い各国へバイナリーオプション取引サービスを提供しています。

そんなハイローオーストラリアでは色々な規則や条件を設けているのですが、口座利用条件の中に以下のような文言が入っています。

【禁止行為に関する一文】

スキャルピングのような異常な売買もしくは取引量の急激かつ重大な変化と発行者が考える事態に関係する取引パターン

これを見るとスキャルピング自体が禁止されているように思えますが、そもそもハイローオーストラリアでは短期的な売買をサービスとして提供しています。

そのため、「スキャルピングが禁止なのに短期売買はOKなの?どういうこと?」と混乱してしまうわけです。

そこで、まずはこうした利用条件があることを理解した上で、スキャルピングとは何か?という部分について解説していきます。

そもそもスキャルピングとは?ハイローオーストラリアを始める前にチェック

スキャルピングとはFXトレードをおこなう際の手法のひとつです。

FXトレードでは注文を保有する時間や注文を出す回数によって、トレード手法を以下のような形で分類します。

【トレード手法の分類】

  • スキャルピングトレード:数分~十数分の間に注文と決済を済ませる取引を1日に何度もおこなう(短期的な売買)
  • デイトレード:保有しているポジションを1日の間に決済する(中期的な売買)
  • スイングトレード:保有しているポジションを数日~数週間ほどで決済する(長期的な売買)

スキャルピングトレードはちょっとした値動きで細かい利益を積み重ねるトレード手法です。

主にトレンド相場で強い効果を発揮し、短時間で効率よく利益が得られる方法として昔から使われています。

こうしたスキャルピングトレードはバイナリーオプション取引でも使われていて、特にハイローオーストラリアでは提供している取引時間自体が「スキャルピングトレードと同じような短時間」になっています。

【ハイローオーストラリアのターボ取引】

  • 30秒
  • 1分
  • 3分
  • 5分

こうしたことから「ハイローオーストラリアでは短時間の取引を提供しているのに、スキャルピングトレードが禁止ってどういうことなの?」という疑問が生まれるわけです。

ちなみにこちらがハイローオーストラリアの利用条件に書かれている文言となります。

ご覧のように「スキャルピングのような異常な売買」と書かれていますが、スキャルピング自体は特に異常な取引ではありません。

そのため、この文言は別の角度から解釈する必要があるわけです。

クロネコ

何だかよく分かりませんね。
スキャルピングは禁止だけど30秒や1分の取引は提供しているという…。
おそらくこれは利用条件を英文から日本語に訳したときに生まれた差異と考えられそうなんですよね。
そこで、ハイローオーストラリア側の真意をくみ取ったものを次に解説していきましょう。

先生

ハイローオーストラリアでスキャルピングが禁止ってどういうこと?

ハイローオーストラリアでは「スキャルピングのような異常な売買」が禁止行為に含まれています。

また、それに付随して「取引量の急激かつ重大な変化と発行者が考える事態に関係する取引パターン」とも書かれているのですが、このニュアンスを分かりやすく解釈すると以下のような形になります。

【スキャルピング禁止の真意とは】

  • 短時間で同じようなトレードをおこなうことは禁止
  • それまで1時間に1~2回くらいしかトレードしていなかったのに、いきなり数分の間に数十回以上の注文を出した場合には怪しいと思われる
  • これらはすべて自動売買ソフトの使用を疑われる結果になる

⇒ハイローオーストラリアでは自動売買ソフトの使用を禁止しているので、突然「短期的かつ機械的な売買を繰り返すと自動売買ソフトの使用を疑われる」かもしれないということ

おそらくスキャルピングが禁止という文言は、こうした理由があるものと考えられます。

また、ハイローオーストラリアでは第三者からの助言を受けてトレードをおこなうことも禁止しているのですが、短期的にパパパパパッと注文を出すと「誰かから何かを聞いてエントリーしているのでは…」とも疑われる可能性が出てきます。

もちろんハイローオーストラリアの30秒取引を1回おこない、その後すぐに30秒取引にチャレンジするくらいの短期売買は問題ありません。

これがNGとなるとハイローオーストラリアを利用する意味がなくなってしまいます。

そのため、スキャルピング禁止というルールを実際の取引に当てはめて解釈すると「あまりにも機械的な連打取引はしないでくださいね」といったニュアンスとして捉えられるわけです。

クロネコ

連打取引ってなんですか?
連打取引とは短時間に同じ注文を繰り返しておこなうトレード方法ですね。
そのメリットや注意点を見ていきましょう。

先生

連打取引はスキャルピング?ハイローオーストラリアを利用する際の注意点

連打取引(連打エントリー)はバイナリーオプション取引の攻略法のひとつとして知られるテクニックです。

たとえば「高い確率でレートが上がる」「ただしレートの上がり幅がスプレッドを超えるか分からない」といった場面で、5回の連打取引をおこなうと「5回中3回当たれば利益が出る」という状態に持っていけます。

特に30秒や1分といった短い取引時間だと「あと1秒ズレていれば当たりだったのに…」というケースが少なくありません。

そうした失敗を回避するために使われるのが連打取引です。

1回に5,000円を使うより、1,000円を5回に分けて連打エントリーした方がリスクが下がるといったニュアンスもあります。

しかし、こうした連打取引は外から見ると「機械的」な取引に見えなくもありません。

そのため、あまりにも多用しすぎるとハイローオーストラリア側から「禁止行為に抵触しているのでは」と疑われてしまうわけです。

とは言え、こうしたことを理解しておけば口座凍結や取引の取り消しといった重い処分を受けずに済むはずなので、ぜひ参考にしてみてください。

クロネコ

確かに数秒の間に注文が続くと機械的な取引って印象を受けますよね。
ちなみにこれは他のバイナリーオプション業者でも同じような条件なので、ハイローオーストラリアが特別に不利というわけではありません。

先生

まとめ

ハイローオーストラリアでスキャルピングが禁止となっている根拠や理由をご紹介してきました。

ご覧いただいたようにハイローオーストラリアでは異常なスキャルピング行為(連続したエントリー)が禁止されていますが、短期売買自体は認められています。

普通に30秒や1分の取引をおこなう分には何の問題もありませんので、安心して取引に励んでください。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。