ハイローオーストラリアでマーチンゲール法は有効?【手法やリスクを解説】

クロネコ

ネットで見かけたんですが、ハイローオーストラリアにはマーチンゲール法というのが有効なんですか?
バイナリーオプション取引にマーチンゲール法を利用する人はいますが、その有効性については何とも言えません。
ということで、マーチンゲール法という手法の内容とリスクについて詳しく見ていきましょう

先生

ハイローオーストラリアはバイナリーオプション取引をメインに取り扱っている海外の金融取引業者です。

バイナリーオプションの場においては常にマーチンゲール法が有効なのでは?という議論が繰り広げられます。

しかし、マーチンゲール法とは大きなリスクも伴うものです。

この記事ではこれからハイローオーストラリアの口座開設をおこなう人のために、マーチンゲール法の内容とリスクについて説明していきます。

バイナリーオプションへの挑戦は、ぜひ正しい知識を身につけてからにしましょう。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

ハイローオーストラリアでマーチンゲール法は有効?手法や考え方を解説!

お金, コイン, 紙幣, ユーロ, セント, 通貨, お支払い, ビジネス, 現金, 50, 20, 10

マーチンゲール法は昔から存在する注文方法のひとつで、主に賭け事の場で使われているものです。

2択の勝負で配当が2倍以上なら有効的な手法のため、為替の値動きのハイ・ローを予想するバイナリーオプションでも効果があるものとして考えられています。

しかし、マーチンゲール法には色々なリスクが伴うことも事実です。

そんなマーチンゲール法なのですが、まずはその内容を理解していないと話になりません。

ということで、マーチンゲール法とはいったいどういうものなのかを見ていきましょう。

【ハイローオーストラリアで有効?】マーチンゲール法について

マーチンゲール法とは1回の勝負に負けたら、次は投資額を倍にして負けを取り返すという方法です。

この方法は理論上、2択・配当2倍の勝負において必勝法とも言われています。

必勝法とはどういうことなのか?ということを分かりやすく表にまとめましたのでご覧ください。

投資回数 投資金額 投資金額の累積 配当 合計の損益
1 ¥1,000 ¥1,000 ¥2,000 ¥1,000
2 ¥2,000 ¥3,000 ¥4,000 ¥1,000
3 ¥4,000 ¥7,000 ¥8,000 ¥1,000
4 ¥8,000 ¥15,000 ¥16,000 ¥1,000
5 ¥16,000 ¥31,000 ¥32,000 ¥1,000
6 ¥32,000 ¥63,000 ¥64,000 ¥1,000
7 ¥64,000 ¥127,000 ¥128,000 ¥1,000
8 ¥128,000 ¥255,000 ¥256,000 ¥1,000
9 ¥256,000 ¥511,000 ¥512,000 ¥1,000
10 ¥512,000 ¥1,023,000 ¥1,024,000 ¥1,000

こちらはペイアウト率2倍の取引で、1回1,000円の取引から始めたときの損益表です。

ご覧のように1,000円から始めて負け続けても、投資額を倍にしていけばいつかは損失がチャラになり、最初の投資額分だけの利益が出るようになっています。

この方法を実践していくと、負けた分の損失はいつか回収できるため、初回に勝った分の利益が丸々と残り続けます。

こうした内容のため理論上は「マーチンゲールはバイナリーオプションでも使える」と言われているわけです。

ちなみに、バイナリーオプションを2択の勝負と捉えると、10回連続で負ける可能性というのは限りなく低くなります。

連続回数 全て失敗する確率
1 50%
2 25%
3 12.5%
4 6.25%
5 3.125%
6 1.5625%
7 0.78125%
8 0.390625%
9 0.1953125%
10 0.09765625%

2択の勝負を10回連続で外す可能性は、およそ1000回に1回です。

そのため、とりあえず10回やっておけばほぼ間違いなく損失を回収できると言えます。

しかし、ここで注意してもらいたいのがハイローオーストラリアの取引上限額です。

ハイローオーストラリアには取引上限額があるためマーチンゲール法は限定的にしか使えない

ハイローオーストラリアには1回の取引に対して20万円までという上限を設定しています。

そのため、先ほどの表をご覧いただくと分かるのですが、ハイローオーストラリアでは8回目までしかマーチンゲール法が使えないのです。

ハイローオーストラリアとマーチンゲール法
・マーチンゲール法は投資額を倍にしていく取引手法
・1回1,000円から始めると、9回目の投資額が256,000円になる
・ハイローオーストラリアでは1回の投資額の上限が20万円なので、9回目の取引ができない
・つまり8回目までに勝たないとマーチンゲール法が成立しない

このような条件でも勝機があると考えるならばマーチンゲール法を使ってみてもいいかもしれません。

ただ、実際にマーチンゲール法を使えばハイローオーストラリアで勝てるのか?という疑問もあります。

ちなみに8回連続で2択の勝負に負ける確率は0.390625%です。

これは250回に1回は8連敗をするという確率なのですが、この数字を高いか低いかと捉えるのは個人の考え方次第と言えます。

クロネコ

理論上は成立しているけど実際に使うには難しい部分もあるって感じですね。
そうですね。また、マーチンゲール法にはそのほかにもリスクがあるので、その点についても見ておきましょう。

先生

ハイローオーストラリアでマーチンゲール法を使うリスクについて

ここからは、ハイローオーストラリアでマーチンゲール法を使うリスクについてご紹介していきます。

ハイローオーストラリアでマーチンゲール法を使うリスク①ペイアウト率2倍以上でしか使えない

まずハイローオーストラリアではペイアウト率が2倍以上の取引を選ばないとマーチンゲール法の理論が破綻してしまいます。

ハイローオーストラリアでペイアウト率が2倍以上になる取引はスプレッド付きの取引のみです。

そのため、通常の取引より予想を当てるのがやや難しくなります。

特に初心者からするとスプレッドの有無によって取引の結果が変わってくることは多いので、単純な2択とは言い切れなくなるでしょう。

スプレッド付きの取引の場合は、設定されたスプレッドの枠内で取引が終了すると投資額が没収されます。
そのため、ある程度値動きが活発なときを狙わないと勝率が下がってしまいます。

先生

クロネコ

なるほど。上がるか下がるかの2択に加えて、スプレッドの枠内に収まるという3つ目の選択肢が生まれるわけですね。

ハイローオーストラリアでマーチンゲール法を使うリスク②口座凍結の恐れ

ハイローオーストラリアの利用規約の中にはマーチンゲールを禁止する文言はありません。

ただ、ハイローオーストラリア側が不正だと認めたものに関しては規制の対象になります。

ハイローオーストラリアでの禁止事項の中には「自動売買ツールを使った取引」というものがありますので、規則的に投資額を倍にする取引が規制対象に引っ掛かる可能性はゼロとは言い切れません。

ちなみに不正な取引をおこなっているトレーダーに対する処分には、口座凍結(アカウント解除)といった重いものもあります。

アカウントが解除されてしまうと、当然それまでに得てきた利益が引き出せなくなることも考えられますので、リスクとしてはかなり大きいです。

もちろんちょっとした回数に限って投資額を倍にしていくのは問題ありません。

実際のトレーダーの中にはマーチンゲール法を知らずに負けを取り返そうと投資額を倍にする人はたくさんいます。

要はあからさまにマーチンゲール法を意識した取引を常におこなっているトレーダーは監視対象になりやすいといったイメージです。

バイナリーオプション取引はギャンブルではなく投資ですので、そのあたりを勘違いしている方は十分に注意をしてください。

クロネコ

なかなか解釈が難しいですね。
このあたりはグレーな部分なので、出来ればあまりマーチンゲール法を多用しない方がいいかもしれませんね。

先生

ハイローオーストラリアでマーチンゲール法を使うリスク③結果的に大損をする可能性

マーチンゲール法は結果として大損をする可能性を秘めています。

先ほどご覧いただいたように、ハイローオーストラリアで実行できるマーチンゲール法の上限は8回までです。

そして、この8回までの取引に使うお金は50万円以上となります。

8回目の取引に負けたあとは1回の勝負で損失を取り返す方法がなくなり、ただ50万円を無駄にすることになりかねません。

また、それだけの資金を何度も用意するのはかなり大変なことです。

そのため、当サイトではちゃんとしたチャート分析をおこない、コツコツと利益を重ねる方法をおすすめしています。

なお、初心者でもすぐに実践できるおすすめの攻略法は以下の別記事で公開しています。
ぜひ参考までにご覧ください。

先生

ハイローオーストラリアで勝率をアップさせる方法とは?【初心者におすすめ】

まとめ

ハイローオーストラリアでマーチンゲール法は有効なのか?という疑問についてお答えしてきました。

マーチンゲール法は理論上「有効的」とされる手法ですが、ハイローオーストラリアで使うにはあまりおすすめできるものではありません。

これからハイローオーストラリアの口座開設をする方は、出来れば正攻法に則った攻略をしてもらえればと思いますので、ぜひご紹介した別記事を参考にしてみてください。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。