ハイローオーストラリアで両建ては有効な方法?【バイナリー初心者向けに解説】

クロネコ

ハイローオーストラリアで両建てって出来るんですか?
両建て取引は可能ですよ。
ただし、その有効性に関しては色々な考え方がありますので、こちらで詳しく解説していきます。

先生

ハイローオーストラリアはバイナリーオプション取引を提供する海外の業者です。

そんなハイローオーストラリアで「両建てはできるのか?」という疑問を持っている方に向けて、その可否や有効性について解説していきたいと思います。

また、両建て取引をおこなう際の注意点なども合わせてご紹介していますので、ぜひ参考にしていってください。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

ハイローオーストラリアでの「両建て戦略」について徹底解説

Dollar, 実業家, 金融, 購入, 販売, 証券取引所, 投資, 経済, 通貨, 金融の世界, 資金

両建てとは同じ銘柄に対して「買い」と「売り」両方の注文を出す取引手法です。

FXでよく使われる手法でもありますが、ハイローオーストラリアで有効なのかどうかが気になるところだと思います。

また、「ハイローオーストラリアでは両建てが禁止されていないのか?」といった部分も知っておきたいところです。

そこで、まずはハイローオーストラリアのルールから確認していきましょう。

そもそもハイローオーストラリアで両建ては認められている?

ハイローオーストラリアでは両建て行為が認められています。

こちらはハイローオーストラリアのホームページ(よくある質問)画面ですが、ご覧のように「両建ては可能」と明記されているので間違いありません。

つまり、現在のところ「ハイ」のポジションを保有していたとしても、同時に「ロー」の注文が出せるわけです。

もちろんその逆も同様におこなえます。

しかし、ハイローオーストラリアで両建てをする際にはいくつか注意するべきポイントがあります。

次にその注意点を詳しく見ていきましょう。

クロネコ

ひとまずハイローオーストラリアで両建てをおこなうのはOKってことですね。
そういうことになりますね。
バイナリーオプションの場合はハイに投資した後すぐローに投資したいこともあるので、このあたりはありがたいとルールと言えます。

先生

ハイローオーストラリアで両建てをするときの注意点は?口座凍結される?

ハイローオーストラリアでは両建てが認められているのですが、いくつか注意するポイントがあります。

【ハイローオーストラリアで両建てするときの注意点】

  • 自動売買ツールを使ったようなシステマチックな注文の出し方は危険
  • 複数の口座を使っての両建ては見つかり次第即アカウント解除
  • レートの遅延を悪用して両建てで稼ぐのは禁止

まず、ハイローオーストラリアでは自動売買ツールの使用が禁止されています。

そのため、毎回の注文を両建て状態にしていると自動売買ツールが勝手に注文を出したような履歴になるので疑われる危険性が出てきます。

このことから考えると両建てはあくまで取引の補助的な役割として使うものであり、メインの手法としてはあまりオススメできないと言えるわけです。

また、ハイローオーストラリアには他にも「複数の口座開設禁止」というルールがありますが、これはおそらく不正な両建て取引を防止するために設けられていると考えられます。

というのも、ハイローオーストラリアの最大ペイアウト率は2.3倍です。

このペイアウト率だと不正な両建て取引をおこなうことでほぼ確実に利益を出せてしまうわけです。

【両建てを利用した不正な取引とは?】

  • ペイアウト率2.3倍の取引を選ぶ
  • 複数の口座を用意する
  • それぞれ同額ずつ注文をする
  • 仮に同じタイミングでA口座「ハイ」、B口座「ロー」と注文した場合にはほぼ確実に利益が出る

たとえば2つの口座で「ハイ・ロー」それぞれに1,000円ずつ投資をしたとしましょう。

ペイアウト率が2.3倍だと払戻金は2,300円です。

このとき、片方の口座は投資した分のお金がなくなりますが、片方では2,300円が残ります。

合算すると「払戻金2,300円-投資した額2,000円=300円の利益」が出るわけです。

仮に上記の両建てを10万円でやった場合は、1回につき3万円の利益が出てしまいます。

これではバイナリーオプション業者として運営が成り立ちません。

そのため、基本的にはすべてのバイナリーオプション業者が上記のような複数口座での取引を禁止しています。

ハイローオーストラリアでこうした不正行為をおこなった場合は即時アカウント解除、つまり口座凍結といった措置が取られますので注意してください。

また、同一の口座内であったとしてもレートの遅延を狙って両建て取引をおこなうことは禁止されています。

クロネコ

確かにこうした両建ては当然NGですよね。
でもこれってバレるんですか?
もちろんバレます。
ハイローオーストラリアにアクセスしているパソコンやスマホのIPアドレスを辿れば怪しいトレーダーがすぐ分かりますので、絶対しないようにしてください。

先生

ハイローオーストラリアで両建てを有効に活用する方法は?

ハイローオーストラリアにおける両建てのルールが分かったところで、次にその有効性について解説していきます。

そもそもバイナリーオプション取引で両建ては有効なのか?という疑問があるかと思いますが、上手くいけば両建てを使って稼ぐことが可能です。

というのも、ハイローオーストラリアは同一口座内であれば両建てが出来ます。

エントリータイミングに極めて誤差がないよう注文をすれば、ローリスクのまま勝つ確率をアップさせられるわけです。

たとえばこのように自分の口座内でハイとローの両方に連打エントリーしたとします。

そうすると、片方の取引が上手くいけば利益が出るわけです。

こう見るとまるで必勝法のように感じられますが、実はこの方法には穴があります。

それは「ハイローオーストラリアでペイアウト率が2倍を超える取引はスプレッド付きのみ」という点です。

スプレッドがあるということは、たとえ同じタイミングで注文をしてもハイ・ロー両方の取引が失敗に終わる可能性があるわけです。

上の赤線はスプレッドの幅を表したものです。

レートは色々な形で動きますが、最終的に赤線の内側で判定時間を迎えると両方の取引に失敗します。

つまり、2倍の損失を抱えるということです。

「それならスプレッドが付いていない取引方法を選べばいいのでは?」と思うかもしれませんが、その場合はペイアウト率が2倍未満なのでどちらにせよ結果はマイナスです。

こうしたことから、同一口座内での両建ても必勝法とは言えないわけです。

ちなみに両建てを有効に使うのであれば、約定までの時間がある程度長い取引を選び、途中で転売をするという方法がベターと言えます。

たとえばペイアウト率2倍のハイロースプレッド取引を選び、ハイとロー両方に注文を出したとします。

そして、段々と残り時間が少なくなってきたときに勝つ見込みがなさそうな方を転売するわけです。

もう片方の取引に成功した場合は、転売で得たお金が利益になります。

例)「ペイアウト2,000円+転売300円」ー「注文額ハイ1,000円+ロー1,000円」=300円の利益

仮に片方の転売価格が300円なら、このように300円が利益として残ります。

ハイローオーストラリアでもしも両建てをするなら、この方法が無難とも言えますので参考にしてみてください。

クロネコ

正直そこまで両建てに「旨み」があるわけではないんですね。
これは考え方次第なのですが、まぁリスクを抑えながら投資をしたい方には良い方法と言えるかもしれませんね。

先生

まとめ

ハイローオーストラリアにおける両建ての有効性について解説してきました。

話をまとめると「両建て取引自体は認められているものの、上手く使うにはテクニックや経験が必要」といった形になります。

とは言え、両建てが認められていることは喜ぶべきポイントです。

すでに注文を出している状態でも反対の注文が出せるわけですから、初心者でも安心して取引を進めることが出来ます。

また、リスクはありますが自分の口座内で両建てをするのもひとつの方法です。

このあたりは自分の資金と相談しながら実践をしてみてください。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。