ハイローオーストラリアで勝ちたいなら「順張り」でトレンドを狙う!【初心者必見】

クロネコ

初心者でもハイローオーストラリアで勝ちやすい戦略って何かありますか?
初心者であればやはりトレンド相場で「順張り」を狙うのがベストだと思いますよ。
その内容を詳しく見ていきましょう。

先生

ハイローオーストラリアの攻略法には色々なものが挙げられますが、やはり初心者向きなのは「トレンド相場で順張りをおこなう」というものです。

為替相場の流れには大きく分けてトレンド相場とレンジ相場の2つがありますが、バイナリーオプションで稼ぎやすいのはトレンド相場です。

特に分かりやすい短期的なトレンド相場であれば、ハイローオーストラリアのターボスプレッド取引が活きてきます。

この記事ではそんなハイローオーストラリア戦略のひとつとして、順張りを有効に使う方法をまとめました。

これからハイローオーストラリアの口座開設を検討している方はぜひ参考にしていってください。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

ハイローオーストラリア初心者は必見!稼ぐなら「順張り」でトレンドを狙おう!

この記事でご紹介するポイントは以下の通りです。

  • 順張りとは?
  • 順張りでトレンド相場を狙う方法
  • 順張りのメリット・デメリット
  • 順張り以外で稼ぐ方法について

初めて投資をおこなう方からすると「順張り」や「トレンド相場」という言葉の意味が分からないかもしれません。

そのため、初心者でも分かるように用語の意味から解説していきたいと思います。

ハイローオーストラリアで稼ぐなら順張り一択!【基礎知識から解説】

まずは順張りという言葉の意味から見ていきましょう。

順張りとは相場の流れに逆らわないような注文の出し方を指します。

たとえば上のチャート(矢印部分)であれば「ロー」に注文を出すのが順張りです。

反対にその後の値戻りを狙って「ハイ」に出すことを逆張りと言います。

ハイローオーストラリアはバイナリーオプション取引を提供する業者なので、基本的には上がるか下がるかの2択です。

また、FXとは違って注文が決済されるまでの時間があらかじめ決まっているところが特徴的な部分です。

こうした条件を考えると、素直に順張りをしておいた方が勝つ確率が高いと言えます。

そして、この順張りがもっとも活きるシーンがトレンド相場です。

このように値動きが一方向に傾いているときの相場を「トレンド相場」と呼びます。

トレンド相場には短期的なものと長期的なものがありますが、ハイローオーストラリアなら短期的なトレンドでも十分に利益が狙えます。

ちなみに上画像のトレンドであれば順張りにあたる「ハイ」に注文を出し続けることで勝つ可能性が上がるわけです。

値動きがどちらに進むか分からない状態で注文を出すより、こうしてトレンド相場で順張りを狙った方が勝率も上がります。

初心者でも勝ちやすい戦略と言えますので、ぜひ試してみてください。

クロネコ

確かに分かりやすいですね。順張りやトレンド相場の意味も理解できました!
それでは次にトレンド相場を見極める方法を解説していきます。

先生

ハイローオーストラリアでの順張り戦略【トレンド相場を見極める】

ハイローオーストラリアで順張り戦略をおこなうためにはトレンド相場を見極めなければいけません。

そうしたときに必要となるのがチャート分析です。

チャート分析にはMT4・MT5といったプラットフォームを使います。

こちらは実際のMT5画面です。

使用しているのはボリンジャーバンドとRSIという2つのインジケーターとなります。

【ボリンジャーバンド】

  • 値動きは約95%の確率でボリンジャーバンドのライン内に収まる
  • 大きな値動きをしたときには値戻りが起こるかどうかの指標にもなる
  • ボリンジャーバンドのラインに沿って値動きが進んでいるときはトレンドの可能性大

【RSI】

  • 市場での買われすぎ・売られすぎを見るために使う
  • 70%を超える場合は買われすぎなのでレートが下がる可能性が高い
  • 30%を下回る場合は売られすぎなのでレートが上がる可能性が高い
  • 逆に言えば30%・70%のラインに触れるまではそのまま値動きが進む可能性が高い

それぞれのインジケータ-にはこうした意味があるのですが、これを目安にすると上のチャートのトレンド相場にも気付けるはずです。

画面左側では値動きが行ったり来たりしているのでレンジ相場であることが分かり、そのレンジ相場のラインを突き抜けて価格が下落したタイミングがトレンドの始まりといったイメージです。

画面の赤丸部分で順張りである「ロー」に注文を出せば勝つ可能性が高くなります。

ちなみにこうしたチャート分析をおこなうと「どれくらいの値動きをするか?」という部分も分かってくるので、スプレッド付きの取引でも勝てるようになるはずです。

【順張り戦略におすすめの設定や取引方法】

  • 使用するインジケーターは2~3個で十分
  • おすすめはボリンジャーバンド・RSI・移動平均線・一目均衡表など
  • 表示する時間足は1分と5分を併用
  • ハイローオーストラリアで選ぶべき取引方法は「ターボスプレッド取引」
  • 取引時間は1分がベスト(できれば30秒でも利益を狙う)

こちらは順張り戦略に有効な設定やおすすめの取引方法です。

ハイローオーストラリアでもっともペイアウト率が高いのは30秒のターボスプレッド取引です。

ペイアウト率が2.3倍なので非常に魅力的なのですが、トレンド相場での軽い値戻りに影響を受ける可能性があります。

それを考えると1分のターボスプレッド取引の方が予想的中の可能性が上がってきます。

もちろん激しいトレンドなら30秒の取引でも問題なく勝てると思いますが、このあたりは相場の様子を見ながら決めてみてください。

クロネコ

いまの流れがトレンドなのかレンジなのかを理解することが大事なんですね。
そうですね。これが分かればハイローオーストラリアで勝つ可能性がグッと上がりますよ。

先生

ハイローオーストラリアで順張りをするメリット・デメリット【内容を理解する】

続いては順張り戦略のメリット・デメリットを解説していきます。

順張り戦略のメリット

  • トレンド相場で勝つ可能性が高い
  • トレンドが終わるまでは流れに逆らわず注文を出せばいいだけなので分かりやすい
  • 強いトレンドなら1回で大きな勝負を仕掛けられる

順張り戦略のデメリット

  • トレンドが発生するまで待つ必要がある
  • トレンドはいつ終わるか分からないので常に値動きを気にしなければいけない

基本的にはデメリットよりメリットの方が大きいので、順張り戦略は初心者にもおすすめです。

ただし、トレンドが発生するまで待つ必要があります。

そのため、いつでも使える戦略ではないということを理解しておきましょう。

なお、トレンドさえ見つけてしまえばどの銘柄でも勝ちやすいので、ぜひ色々な通貨ペアのチャート分析をおこなってみてください。

クロネコ

なるほど。色々な銘柄を調べていけばどこかでトレンドが見つかるわけですね。
そういうことになりますね。
もちろん時間がある人ならひとつの銘柄に絞ってトレンドが来るのを待つのもおすすめです。

先生

ハイローオーストラリアでの順張り戦略が上手くいったら逆張りにも挑戦【レンジ相場で勝つ】

順張り戦略で勝てるようになったら、次はレンジ相場にも挑戦してみましょう。

レンジ相場というのは一定の値動きを繰り返す相場を指します。

為替相場の7割はレンジ相場と言われているので、レンジ相場でも勝てるようになると利益率が必然的にアップします。

このように同じ値動きを繰り返すのがレンジ相場の特徴です。

下のラインにタッチしたときは「ハイ」、上のラインにタッチしたときは「ロー」に逆張りをします。

どれくらいの時間で値戻りが起きるかはその時の相場次第なので、ハイローオーストラリアなら1分~3分の取引時間を選ぶと良いでしょう。

まとめ

ハイローオーストラリアで順張りを有効に使う方法について解説してきました。

ご覧いただいたように順張り戦略は初心者にもおすすめです。

分析の仕方や注文のタイミングが分かりやすいので、ぜひ試してみてください。

ちなみに今ハイローオーストラリアで口座開設をすると5,000円のキャッシュバックが付いてくるため、実質5回分(1回1,000円)の取引がタダでおこなえます。

順張り戦略の有効性も確かめられますので、上手く使ってもらえればと思います。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。