ハイローオーストラリアで大損しないために必要な知識!【口座開設者必読】

クロネコ

副業投資としてハイローオーストラリアの利用を考えています。
ただ大損する可能性もあると聞いたんですが…。
ハイローオーストラリアで大損をするのは取引のルールを自分で決めていないからです。
どういった方が大損しやすいのか?といったことを詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしていってください。

先生

ハイローオーストラリアは最短30秒後に自分のお金が最大「2.3倍」になって戻ってくるという超優良なバイナリーオプション業者です。

仮に1回の取引に10万円を投じた場合、予想が当たれば30秒後には23万円が手元に残ります。

このようにハイローオーストラリアでは本業の収入を軽く超えるような稼ぎを生み出せる仕組みが整っているのですが、その一方では当然「大損」するリスクも抱えているわけです。

ここでは、そうしたハイローオーストラリアで大損する可能性やそれを回避する方法などを詳しくご紹介していきます。

これからハイローオーストラリアを利用しようと考えている方は、ぜひ最後までご覧になっていってください。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

ハイローオーストラリアで大損しないために必要な知識!【口座開設者必読】

ハイローオーストラリアで1回の取引に使える注文額は「1,000円」~「200,000円」です。

1,000円の取引をコツコツと繰り返す方もいれば、1回の取引に200,000円を投じる方もいます。

しかし、こうした注文額の大小に限らず「大損」をする可能性は誰にでも秘められています。

ということで、まずはハイローオーストラリアで大損する可能性やそのパターンを見ていきましょう。

ハイローオーストラリアで大損する可能性はある?

先に結論から言いますと、ハイローオーストラリアで想像以上の大損をすることはあり得ます。

ハイローオーストラリアはバイナリーオプション取引のみを提供する投資業者ですが、投資である以上そこには大損するリスクが潜んでいることを理解しておきましょう。

とは言え、バイナリーオプション取引というのは損失の額が初めから分かっている投資法です。

FXや株式取引のように後から損失が膨れ上がるといった危険性はありません。

そこで、まずはハイローオーストラリアを利用して大損する「負けトレーダーの特徴」を見ていきましょう。

【大損するトレーダーに共通する特徴】

  • 1回の投資額が自分の身の丈に合っていない(注文額が大きすぎる)
  • 少額の注文しか通していないが、負けるたびに少しずつ無駄な取引を重ねる
  • 負けた分の資金を取り返そうと注文額を倍にしていく
  • 本業収入を上回る金額を投資に使う
  • 最終的には後に引けなくなってクレジットカードの上限額まで使い切ってしまう

ハイローオーストラリアで大損する人というのは、上記のような特徴を持っています。

そもそもバイナリーオプション取引に使えるお金が月に10万円だったとしましょう。

この10万円をいかにして増やすかが重要なポイントなのですが、負けるトレーダーは資金の1割以上を1回の取引に使ってしまいます。

バイナリーオプション取引は基本的にレートが上がるか下がるかを予想するだけの単純な投資法です。

しかし、このときの勝率というのは良くても7割~8割くらいとなります。

継続して7割~8割の勝率をキープできれば稼ぐことも出来ますがなかなかそう上手くはいきません。

そうなると1回に多くの資金を投じるトレーダーは、いつか手持ちのお金が底をついてしまうわけです。

また、少額の注文しかしないトレーダーでも無駄な取引を繰り返していれば負ける回数が必然的に増えますので、結果として勝率が下がってきます。

バイナリーオプションは勝率が命とも言えますので、とにかく無闇に注文を出すのは止めましょう。

【負けた分を取り返そうとして大損する流れ】

  1. 最初は1,000円だけ取引に使っていた
  2. 段々と負けが重なってきて、トータル1万円の損失となった
  3. 1,000円の注文で1万円の損失を補填するには10回の勝利が必要
  4. そうなると1回の取引に1万円を使いたくなってしまう
  5. そもそも負けている場合はチャート分析や予想が外れていることになるので、1万円の勝負でも負ける可能性が高い
  6. 1万円の勝負に負け、さらにマイナスが大きくなったところで2~3万円といった注文を出してしまう

以降、その繰り返しによって大損となる…。

分かりやすく言えば、これがハイローオーストラリアで大損する人の典型的なパターンです。

負けを取り返すために数倍の額を注文に使って失敗するという方は昔から存在します。

こうなると後は借金を作るだけなので、早めにパソコンやスマホ画面から離れるしかありません。

クロネコ

最後は預金やクレジットカードの限度額いっぱいまで使って終了…って感じがしますね。
これは怖い!!
こうした失敗を怖いと感じる方は、ぜひ大損をしないための知識を身につけておいてください。
その内容を次に詳しく解説していきます。

先生

ハイローオーストラリアで大損しないための知識

ハイローオーストラリアで大損しないためには以下のような自分ルールを決めて、それを徹底的に守るようにしましょう。

【大損しないための自分ルールを決める】

  • 1回の注文額を決める:1回1,000円、など
  • 1日の取引回数を決める:1日10回まで、など
  • 1日の利益目標を決める:1日5,000円の利益を達成したらその日は終了、など
  • 1日の許容損失額を決める:1日5,000円の損失が出たらその日はやめる、など
  • 取引する時間を決める:帰宅後の夜9時から11時まで、など
  • 取引失敗後の行動を自分なりに決める:取引に失敗した場合は5分間はエントリーしない、など

こうした自分ルール作りというのは非常に重要なポイントです。

特に最初のうちは「1回の注文額」を固定した方が大きな損失を生むリスクが下がるので、自分で決めたルールに従って取引をおこなってください。

また、取引回数や利益目標を決めるのも非常に大事です。

人は稼ぎ始めると「もっと利益を出したい」と考えるようになり、それまでよりも大きな金額で注文を出します。

仮に1,000円の取引で稼げていた人が5,000円の勝負をして負けると「もう1回やれば勝てる」といった思考になり、先ほどご紹介したような典型的負けパターンへ突入することも珍しくありません。

こうした失敗を防ぐためには、やはり自分ルールを守るしかないわけです。

そして、もっとも注意するべき点が「取引失敗後の行動」となります。

取引失敗後というのは「なんで負けたんだろう」「予想は正しかったはずなのに」「次は必ず当たるはず」という考えで頭がいっぱいになってしまいます。

その考えを一度リセットするためにも「取引失敗後は〇〇分間、注文を出さない」というルールが必要になってくるわけです。

ハイローオーストラリアで大損するもっとも大きな理由は「自制心がない」という点です

ちなみに動画サイトで「バイナリー 大損」といった検索をすると、悲惨なトレーダーの末路が覗けますので参考にしてみてください。

きっと「自分はこうなりたくない…」といった気持ちが強くなるはずです。

クロネコ

バイナリーオプションで大損した人の有名な動画がありますよね…。
あれは確かに悲惨すぎるので、自分がそうならないようルールを決めたいと思います!
ハイローオーストラリアを正しく利用すれば、ちゃんと利益を出すことは可能です。
大損する人の大半はメンタルコントロールが不十分と言えますので、まずは自制心を保つ訓練から始めてみましょう。

先生

まとめ

ハイローオーストラリアで大損をする可能性やパターン、また大損をしないための知識について詳しくご紹介してきました。

ご覧いただいたように大損をする人は身の丈に合っていない取引をする、同じ失敗を繰り返すといった行動を取っています。

逆に言えばそういった行動を抑制できれば大損をすることはないわけです。

これからハイローオーストラリアを利用する方は、ぜひこうした部分を理解した上で挑戦してみてください。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。