ハイローオーストラリアで生計を立てるためには?必要な知識や試算を解説!

クロネコ

ハイローオーストラリアの口座開設をしようと思ってます。
ちなみにハイローオーストラリアの利益だけで生計って立てられるものなんでしょうか?
簡単なことではないと思いますが、可能性がゼロということでもないですね。
ハイローオーストラリアで生計を立てるためにはどれくらいの取引回数と元手が必要なのか試算してみましょう。

先生

ハイローオーストラリアは海外のバイナリーオプション業者で、国内業者より短時間で稼げるところがメリットとされています。

また、最大ペイアウト率が2.3倍と非常に高いところもハイローオーストラリアならではの魅力です。

そんなハイローオーストラリアの利益だけで生計が立てられるのかどうか?というのが本記事のテーマです。

なお、世の中には専業トレーダーとして生活をしている人もいますので可能性はゼロではありません。

投資の利益だけで生計を立てられるようになれば、自分にとって自由な時間を得ることになります。

ここでは、ハイローオーストラリアで稼ぎ生計を立てられるようになるまでの試算などをおこなっていますので、ぜひその内容をご覧になっていってください。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

ハイローオーストラリアの利益だけで生計を立てられるのか?色々な条件と試算をご紹介!

ユーロ, 見える, お金, 金融, 貯金箱, 保存し, セント, コイン, 電卓, 税金

「ハイローオーストラリアで生計が立てられるくらい稼ぎたい!」と思ってこれから口座開設をする人もいるはずです。

仮にそういった高い意識を持ってハイローオーストラリアを利用し始めるのであれば、どれくらい利益を出せばいいのか?どういった取引方法を選べばいいのか?といった部分を理解しておきましょう。

ということで、まずはハイローオーストラリアで生計を立てるための最低条件について見ていきます。

ハイローオーストラリアで生計を立てるための最低条件

ハイローオーストラリアで生計を立てるためには「勝率5割以上」のトレーダーにならないといけません。

これはペイアウト率が2倍のときの話です。

ハイローオーストラリアではペイアウト率1.85倍~2.3倍までの取引方法を用意しています。

なお、当然ペイアウト率1.85倍の取引メインで勝負するなら勝率5割でもマイナスですので、それ以上の勝率が必要になってきます。

反対にペイアウト率2.3倍の取引メインで勝負するとなると勝率5割以下でもプラス収支にはなりますが、生計が立つほど稼ぎたいのであれば勝率5割は最低限のラインと考えておきましょう。

そのほかの条件としては、30万円~50万円前後の資金取引に使える時間といったものが必要になってきます。

ちなみにまぐれ当たりで1ヶ月分の生活費を稼ぐことは可能ですが、ここでは継続的に利益を得るための方法を考えていくので30万円~50万円といった資金額を提示しています。

それでは次に生計が立てられるようになるまでの試算をしていきましょう。

ハイローオーストラリアの利益だけで生計を成り立たせるためには?【試算してみた】

ハイローオーストラリアの利益だけで生計を成り立たせるのであれば、やはり最大ペイアウト率2.3倍のターボスプレッド取引がおすすめです。

バイナリーオプションは基本的に当たるか外れるかの2択です。

そのため、どうせ取引するならもっとも高いペイアウト率の取引方法を選んだ方が稼ぎも良くなります。

ということで、ペイアウト率2.3倍を前提に試算をしていきましょう。

まず1ヶ月目の目標は勝率60%です。

投資額は1回に付き1,000円、投資回数は1日10回に限定すると月に23万円分の取引をおこなうことになります。

そのため、資金は少し多めに見つつキリの良いところで30万円を用意しましょう。

【1ヶ月目】資金30万円、ペイアウト率2.3倍、勝率60%、1日の取引回数は10回とする

※土日は休場なので23日計算

1日あたりの利益:

1,000円(投資額)×2.3倍(ペイアウト率)=2,300円(払戻金)

2,300円×6回=13,800円(払戻金のトータル)

13,800円(払戻金のトータル)-6,000円(投資額)=7,800円(利益)
7,800円(利益)−4,000円(失敗した分の損失)=3,800円

1ヶ月あたりの利益:

3,800円×23日=87,400円

ご覧のようにペイアウト率2.3倍のターボスプレッド取引であれば、投資額1,000円・勝率60%という条件でも1ヶ月に87,400円の利益が出ます。

この利益を次の月の取引用の資金に加えていきましょう。

なお、2ヶ月目の目標も勝率60%ですが、資金が増えたので投資額を1回に付き1,500円にアップさせます。

【2ヶ月目】資金38.7万円、ペイアウト率2.3倍、勝率60%、1日の取引回数は10回とする

※土日は休場なので23日計算

1日あたりの利益:

1,500円(投資額)×2.3倍(ペイアウト率)=3,450円(払戻金)

3,450円×6回=20,700円(払戻金のトータル)

20,700円(払戻金のトータル)-9,000円(投資額)=11,700円(利益)
11,700円(利益)−6,000円(失敗した分の損失)=5,700円

1ヶ月あたりの利益:

5,700円×23日=131,100円

前月と勝率は変わっていませんが、投資額をアップさせたことによって利益も増える計算となりました。

3か月目はいよいよ勝負のタイミングということで、投資額を2,000円にして勝率70%を目指していきます。

ちなみに資金は合計で51.8万円ほどになっていますので、「2,000円×10回×23日=46万円」の取引額に耐えられる計算です。

【3ヶ月目】資金51.8万円、ペイアウト率2.3倍、勝率70%、1日の取引回数は10回とする

※土日は休場なので23日計算

1日あたりの利益:

2,000円(投資額)×2.3倍(ペイアウト率)=4,600円(払戻金)

4,600円×7回=32,200円(払戻金のトータル)

32,200円(払戻金のトータル)-14,000円(投資額)=18,200円(利益)
18,200円(利益)−6,000円(失敗した分の損失)=12,200円

1ヶ月あたりの利益:

12,200円×23日=280,600円

3か月目の利益がこちらとなります。

ご覧のように勝率が70%であれば3か月目にして28万円ほどの利益が得られる計算です。

なお、これが勝率60%だと利益が18万円くらいに落ち込みますが、それでも住んでいる地域によっては生計が立てられるレベルと言えるのではないでしょうか。

もちろんすべてが計算通りにいくわけではありません。

ただ、こうした計算をしてみると「ハイローオーストラリアで生計を立てる」という目標が、かなり現実味を帯びてくると思います。

ちなみにペイアウト率2.3倍の取引は「ターボスプレッド・30秒」という条件なので、仕事から帰ってきたあとの時間を使ってでも出来ます。

それこそ専業トレーダーになれば1日の労働時間は「30秒×10回=300秒(5分)」です。

真剣に取り組むだけの価値はあると思いますので、ぜひ上記のような試算を自分でもおこなってみてください。

クロネコ

勝率60%でも毎月利益を積み上げていけば生計が立てられそうですね。
そうですね。ただ、高い勝率を目指すことで目標の勝率に達するという意味もあるので、常に勝てる可能性の高い取引をするようにしましょう。

先生

ハイローオーストラリアで生計を立てるために必要な知識

ここからはハイローオーストラリアで生計を立てるために必要な知識を簡単に解説していきます。

なお、要点は以下の3つです。

初心者が知っておきたい知識
・ペイアウト率は必ず2倍以上を選ぶ
・負ける回数を減らすことが大事
・取引履歴をデータ化して分析に役立てる

まずハイローオーストラリアで生計を立てるためにはペイアウト率2倍以上の取引を選びましょう。

もっとも予想が当たりやすいのは1.85倍のハイロー取引ですが、低いペイアウト率だと大きく稼ぐことが出来ません。

ただのお小遣いを求めるならハイロー取引でも構いませんが、やはり生計を立てるレベルとなると高いペイアウト率の取引で勝率をアップさせた方が圧倒的に近道です。

また、勝率をアップさせるためには負ける回数を減らすことを意識した方が良いです。

初心者の中には「負けた回数より勝った回数が上回ればいい」という考えのもと、取引の回数を重ねる人がいます。

しかし、それは潜在的に「マイナスになるリスクを上げる行為」でもあるわけです。

少ない取引回数でしっかりと利益が残せるというのが理想のトレードスタイルなので、この点についてはよく理解しておいてください。

そして、最後のポイントである「自分がおこなった取引をデータ化して保存する」というのも重要です。

これは勝率や利益の計算をするときに必要となりますので、必ずエクセルやメモ帳などに残しておくようにしましょう。

まとめ

ハイローオーストラリアで生計を立てるために必要な知識や試算をご紹介してきました。

ご覧いただいたように理論上ではハイローオーストラリアで生計を立てることは可能です。

計算通りにいかないときもあると思いますが、それでも一定のルールを守りながら取引をすれば本業の給料と変わらないレベルの利益が残せます。

興味が沸いてきたという方は、ぜひ一度ハイローオーストラリアのホームページをチェックしてみてください。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。