ハイローオーストラリアで逆張り戦略は有効?内容を分かりやすく解説【初心者必見】

クロネコ

ハイローオーストラリアで稼ぎたいと思っているんですが、逆張りって有効ですかね?
逆張りはトレンドの転換点やレンジ相場で使う手法です。
もちろん有効なときもありますので、その内容を分かりやすく解説していきましょう。

先生

ハイローオーストラリアは誰でも気軽に始められる「バイナリーオプション」のサイトです。

バイナリーオプションは為替のレートが上がるか?下がるか?を予想するだけなので、難しい専門知識が必要ありません。

しかし、やはりしっかりと稼ぐとなるとある程度の勉強は必要です。

そこで、この記事ではハイローオーストラリアで逆張りは有効な戦略かどうか?という点を解説していきたいと思います。

「そもそも逆張りってなに?」といった方でも分かるような説明も加えていますので、ぜひ参考にしていってください。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

ハイローオーストラリアで逆張りは有効なのか?その内容を徹底解説!

ボード, チョーク, 金融, グラフィック, チャート, 教育, 学校, 研究, シンボル, お金, コスト

逆張りとは投資テクニックのひとつで、バイナリーオプション以外にもFXや株式投資などで使われています。

投資をするときは順張り・逆張りのどちらかを選択することになるのですが、当然その両方の使い方を知っておいた方が投資に有利です。

ということで、まずはそんな逆張りに関する基本的な知識から見ていきましょう。

【ハイローオーストラリア初級編】そもそも逆張りってなに?

逆張りとは現在の流れとは逆方向に対して投資をおこなうことです。

ハイローオーストラリアの場合だと、レートが上昇しているにも関わらず「ロー」に投資する、もしくはレートが下降しているにも関わらず「ハイ」に投資することを逆張りと呼びます。

これに対して順張りはレートが動いている方向にそのまま投資することを指します。

ハイローオーストラリアで取り扱っているのはバイナリーオプション取引ですので、基本的には順張りで利益を狙うのがベターです。

しかし、投資をするなら逆張りという方法も知っておいた方が単純にチャンスが増えます。

クロネコ

レートが動いている方向とは逆に投資するから逆張りって言うんですね。

【ハイローオーストラリア中級編】逆張りはどんなときに使うの?

逆張りはトレンド相場の転換点、またはレンジ相場で使うことが多いです。

トレンド相場とはレートが一方向に動いている状態を指し、レンジ相場とはある程度一定の値幅内でレートが行き来している状態を指します。

たとえばこちらは短期的なトレンドが発生している状態ですが、赤線の期間は基本的に「ロー」の順張りを選択します。

そして、値動きが収まり「トレンドが転換しそうだな」といった赤丸部分で逆張りを試すわけです。

初心者の場合は分かりやすいトレンド相場を見つけて、そこに全力で順張りするのがベストと言えます。

ただし、このように逆張りという方法も知っておくと投資の仕方に幅が生まれてきます。

また、逆張りは規則的な値動きを繰り返しているレンジ相場でこそ有効です。

その方法を次に見ていきましょう。

【ハイローオーストラリア上級編】レンジ相場で逆張りを狙う

為替の相場はその7割がレンジ相場と言われています。

そのため、レンジ相場で稼げるようになると飛躍的に利益率がアップします。

そこで狙いたいのがレンジ相場での逆張りです。

レンジ相場はだいたい一定の間隔で値動きを繰り返す状態を指すわけですが、分かりやすい例を用意してみました。

横に引いた赤いラインの間で値動きを繰り返していますが、これがいわゆるレンジ相場となります。

そしてレンジ相場中は値戻りを起こしやすいというのがひとつの特徴です。

そのため、赤いラインから出たあとは高確率でレートが戻ります。

この値戻りを狙って逆張りをすれば、利益が簡単に得られるというわけです。

実際にレンジ相場での逆張りは多くのトレーダーが実践しているものなので、覚えておけばきっと役に立つはずです。

しかし、どうやってこのレンジ相場やトレンド相場を見極めればいいのか?というのが初心者にとっては大きな問題となります。

ということで、逆張りをするタイミングを掴むための方法をご紹介していきましょう。

クロネコ

なるほど。分かりやすいトレンド相場がいつもきてくれるわけじゃないから、レンジ相場でも稼げるようになろうってことですね。
そうですね。特にハイローオーストラリアの場合は短時間で稼げる取引方法が揃っていますので、逆張りを知っておくと便利ですよ。

先生

ハイローオーストラリアで逆張りを実践するなら!狙うタイミングや通貨ペアは?

起業家, 証券取引所, トレーディング フロア, ビジネス, アイデア, 能力, ビジョン, ターゲット

逆張りの基本が分かったところで、次は逆張りをするために必要なインジケーターやおすすめ通貨ペアについて解説していきたいと思います。

ハイローオーストラリアで逆張りをするタイミング【簡単なインジケーターを使う】

逆張りで稼ごうとするならチャートの分析は必要不可欠です。

先ほどご覧いただいたチャートはMT5という為替取引の専門ツールを使った画面ですが、なるべく簡単に分析をしたいならネット上で「ドル円 チャート」といった形で検索をしても問題ありません。

おそらく誰のパソコンやスマホでも、以下のような国内証券会社などが提供するチャート画面が出てくるかと思います。

こちらはヤフーファイナンスが用意するチャート画面ですが、こちらでも一応最低限の分析ツールは揃っています。

上画像は、「テクニカル」というボタンを押して以下2つのインジケーターを入れた画面です。

ボリンジャーバンド(チャート上の赤い波線):レートの値動きはおよそ95%の確率で赤い線の間で収まる

RSI(チャートの下に描かれた波線):市場での売り買いの強さを数値化したもの
※70%以上は買われすぎなので売りに転じる可能性が高い、30%以下は売られすぎなので買いに転じる可能性が高い

簡単に言えばボリンジャーバンドのラインを突き出したときに、RSIの数値が70%以上もしくは30%以下であれば高確率で値戻りが起こるといったイメージです。

こちらはとある日のドル円チャートですが、ご覧のようにボリンジャーバンドのラインを大きく突き出した後に値戻りが起こっています。

下のRSIの数値も70%どころか80%を超える状態なので、ほぼ確実にレートが下がると予想できるわけです。

このときにハイローオーストラリアで逆張りをしておけば、資金が2倍前後になっていたということですね。

なお、初心者の方であればまずはこうした分析ツールから始めてみるのが簡単で良いかもしれません。

もちろん慣れてきたら専用ツールであるMT5やMT4も使ってみてください。

クロネコ

こうした分析をしながら逆張りをするタイミングを見極めればいいわけですね。
そういうことです。誰でも出来る方法なのでぜひ試してみてください。

先生

ハイローオーストラリアで逆張り向きの通貨ペア【激しい値動きを探す】

逆張り戦略で稼ぎたいのであれば値動きが激しい通貨ペアを探しましょう。

まったりとした値動きの通貨ペアだといつ逆張りをしていいか分かりません。

そこでおすすめしたい通貨ペアがポンド円となります。

ポンド円は値動きが激しい通貨ペアとして有名なので、チャートを見ていると逆張りポイントがたくさん出てきます。

たとえばこんな相場のときは大チャンスです。

値幅が大きい上に規則的な値動きを繰り返してくれているので、赤丸あたりのタイミングで逆張りをすれば勝率が確実にアップします。

こうした相場であれば、初心者でも10回投資したうち7~8回は当たるでしょう。

勝率7~8割となれば利益もしっかりと残りますので、かなり上々な結果と言えるはずです。

ちなみにポンド円は逆張りをするにもトレンド相場に乗っかって順張りをするにもおすすめの通貨ペアです。

ハイローオーストラリアを利用するのであれば、ぜひ一度はポンド円のチャートをご覧になってみてください。

まとめ

ハイローオーストラリアで逆張りは有効な戦略かどうか?という点についてご紹介してきました。

結論的には「チャート分析をした上で逆張りをするならチャンスも増えるので有効」と言えます。

ご覧いただいたような値動きが激しいタイミングで逆張りを狙えば、勝率アップに役立つことにもなるでしょう。

なお初心者の場合は、まずトレンド相場で順張りをおこない、慣れてきたら逆張りに挑戦といった流れを試してみてください。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。