ハイローオーストラリアとザオプションはどちらがおすすめ?【スペックを比較】

クロネコ

バイナリーオプションを始めたいんですけど、海外の業者ならハイローオーストラリアとザオプションどちらがおすすめですか?
それでは2つのバイナリーオプション業者のスペックや使いやすさを比較しながら説明していきましょう。

先生

バイナリーオプションで稼ごうと思った場合には業者選びがもっとも重要です。

なお、海外のバイナリーオプション業者ではハイローオーストラリアとザオプションの2つが有名ですが、どちらを選べば良いか迷っている方も多いことでしょう。

そこで、この記事ではハイローオーストラリアとザオプションのスペックなどを比較していきます。

どちらが自分にとって使いやすいバイナリーオプション業者なのか、その判断材料としてこちらの内容をご覧になっていってください。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

ハイローオーストラリアとザオプションはどちらがおすすめ?【スペックを比較】

統計​データ​について​話し合い​、​財務​チャート​と​ペン​で​書類​を​保持する​投資家​と​トレーダー​。​クロップドショット​。​ブローカー​の​仕事​または​取引​の​概念 無料写真

これからバイナリーオプションを始める方には海外の業者をおすすめします。

その理由としては国内のバイナリーオプション業者より「短い取引時間を選べるところ」が挙げられますが、その他にも業者によっては「ペイアウト率が高い」といった魅力があります。

中でもハイローオーストラリアとザオプションは日本語サポートが充実しているので初心者にはおすすめです。

そんな2つの海外バイナリーオプション業者をスペックや使いやすさから比較していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

ハイローオーストラリアとザオプションの「取引条件」「入出金方法」などを比較

それではまず、ハイローオーストラリアとザオプションの取引条件や入出金方法を比較していきましょう。

ちなみに結論を先に伝えておきますと、ハイローオーストラリアの方が多くの面でトレーダーにとって有利でありさらに使いやすいといったメリットもあります。

ハイローオーストラリア ザオプション
ペイアウト率 1.85倍~2.3倍 1.8倍~2.0倍
ボーナス 口座開設&取引で5,000円 口座開設&取引で7,000円
取引時間 30秒・1分・3分・5分
15分・1時間・1日
30秒・1分・2分・3分・5分
1時間・7時間・22時間・23時間
アットザマネー 負け判定 勝ち判定になるケースもある
入金方法 銀行振込・クレジットカード
仮想通貨・各種オンラインウォレット
銀行振込・クレジットカード
ビットコイン・ビットウォレット
出金方法 国内銀行への送金 国内銀行への送金・ビットウォレット
最低/最高出金額 10,000円/100,000,000円 5,000円/500,000円~6,000,000円
最大注文額 200,000円 100,000円
最小注文額 1,000円 1,000円
安全性 高い 高い

バイナリーオプション取引は必ず勝敗のつく投資方法です。

トレーダーが得る利益はペイアウト率によって決められますので、当然ペイアウト率が高い方が有利と言えます。

その点で考えると、まずはハイローオーストラリアの方に分があると言えるでしょう。

【海外バイナリーオプション業者はペイアウト率で選ぶ】

  • バイナリーオプションはレートが上がるか下がるかの勝負
  • この条件だと業者間に優劣の差がない
  • そうなるとペイアウト率が高い業者を選んだ方が確実に有利
  • ハイローオーストラリアの最大ペイアウト率は2.3倍
  • 対してザオプションの最大ペイアウト率は2倍

⇒これを踏まえるとハイローオーストラリアのおすすめと言える

ザオプションの場合は最大ペイアウト率が2倍なので、最低でも勝率5割を超えないと利益が出ません。

しかし、ハイローオーストラリアの場合は最大ペイアウト率が2.3倍なので勝率が5割を下回っても利益が出るケースもあります。

バイナリーオプションという取引の性質上、勝率5割以下でも利益が出るのは非常に有利な条件です。

なお、取引条件のうちザオプションが唯一有利と考えられそうなのが「アットザマネー(引き分け)」の取り扱い方です。

ちなみにザオプションでは引き分け判定が「勝ち」となりますので、一見すると有利な条件のように感じられます。

しかし、「アットザマネーを勝ちとする業者は通常のペイアウト率が低くなりがち」です。

ザオプションは、こうしたバイナリーオプション業界における一般論に当てはまる業者となりますが、引き分けが勝ちになっても普段のペイアウト率が低ければトータルしてお得とは言えません。

こうした部分を考えても取引条件ではハイローオーストラリアに軍配が上がるわけです。

また、入出金方法や条件を見てもザオプションは少々使い勝手が悪そうです。

その理由を以下にまとめましたのでご覧ください。

【ザオプションの入出金条件について】

  • 最大出金額が50万円~200万円(1ヶ月)と低い
  • 出金する際に手数料が掛かる(1ヶ月で手数料無料の回数が決まっている)
  • 出金条件はトレーダーのランクによって決まるが、初心者が好待遇を受けるには時間やお金が掛かりすぎる

ハイローオーストラリアとザオプションでは入金方法に大きな違いがありません。

しかし、出金方法や条件で考えるとザオプションはかなり厳しいと言えます。

そもそも「1ヶ月間に引き出せる額が決まっている」のはトレーダーにとって非常に不利です。

他の投資や急な出費にお金を使いたいときに、自分のお金を好きにおろせないというのは不便すぎる条件と言えるでしょう。

さらにランクが上がったとしても月間の最高出金額は600万円までです。

※銀行振込かビットウォレットを入金方法に選んだ場合、さらに10日間の出金限度額が200万円という条件においての月間最大出金額(600万円)

ほとんどのトレーダーの場合は月間50万円までしか引き出せないので、ザオプションを利用する場合はこの条件をよく理解しておきましょう。

クロネコ

うーん、50万円までしか引き出せないのはキツイですよね。
対してハイローオーストラリアには月間の出金上限額がありません。
しかも1回の出金上限が1億円なので、まず困ることはないでしょう。

先生

ハイローオーストラリアとザオプションの「使いやすさ」を比較

先ほどご覧いただいた取引条件や入出金方法などを見ても分かりますが、初心者でも使いやすいのは圧倒的にハイローオーストラリアの方です。

どちらも日本語に対応した優れたサイトやカスタマーサポートを用意していて、取引プラットフォームもインストール不要という条件ではあるものの、ハイローオーストラリアの取引画面の方が見やすく使いやすいので初心者にはおすすめと言えます。

ちなみにこちらがハイローオーストラリアの取引プラットフォームなのですが、2022年1月にアップデートされたことでより使いやすくなっています。

バイナリーオプションの知識がまったくない方でも直感的に操作できますので、ぜひ一度試してみてください。

なお、ハイローオーストラリアでは入金不要・登録不要で使えるデモ口座も用意しています。

クロネコ

デモ口座を使ってバイナリーオプション取引の流れを知ることも出来ますね。
あらゆる面においてハイローオーストラリアはザオプションより使いやすいので、初心者の方はぜひ前者を選びましょう。

先生

まとめ

ハイローオーストラリアとザオプションという2つの人気バイナリーオプション業者を比較してきました。

ご覧いただいたように取引条件・入出金方法・取引プラットフォームの使いやすさにおいて有利なのはハイローオーストラリアの方です。

ザオプションも悪くはないのですが、やはりハイローオーストラリアと比べると色々なデメリットが多いことに気付かされてしまいます。

これからバイナリーオプションに挑戦したいと考えている方は、どうぞハイローオーストラリアを選んでみてください。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。