ハイローオーストラリアに危険性はない!【安心して利用できるバイナリーオプション業者】

クロネコ

ハイローオーストラリアを利用してバイナリーオプションを始めたいんですけど、危険性って何かありますかね?
ハイローオーストラリア自体にはまったく危険性がありませんよ。
もちろん投資をする上でのリスクはあるのですが、そのあたりを詳しく解説していきましょう。

先生

ハイローオーストラリアは日本人も多く利用している海外のバイナリーオプション業者です。

投資初心者でも使いやすい取引画面を用意してくれていて、口座開設をしたらすぐにトレードが始められるようになっています。

そんなハイローオーストラリアですが、利用する上で危険性はないのか?というのも気になる部分だと思います。

もちろんハイローオーストラリアは正式に認められたバイナリーオプション業者ですので危険性はありません。

ただし、投資をする上でのリスクはありますので、そのあたりの正しい知識を身につけてから利用するようにしましょう。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

ハイローオーストラリアには危険性がない!?【投資をする上でのリスクを理解しておこう】

ハイローオーストラリアは海外に拠点を置くバイナリーオプション業者です。

これまでに10年以上の運営実績を持っている会社ということもあり、その信頼性や安全性は抜群と言えます。

そんなハイローオーストラリアですが、利用する上で危険性はないのか?と疑問に感じている方もいるでしょう。

そこで、ここではハイローオーストラリア自体の危険性と投資に関するリスクについて詳しく解説をしていきます。

これから初めて投資をするという方はぜひチェックしていってください。

ハイローオーストラリアは危険性がゼロのバイナリーオプション業者【その理由を解説】

結論から言っておきますとハイローオーストラリアは危険性ゼロのバイナリーオプション業者です。

顧客から預かる資金は格付けの高い銀行にて分別管理をおこなっていますし、サービスを提供する会社は籍を置く国の法律に基づいて運営がされています。

そのため、不当な出金拒否や口座凍結といった心配は一切ありません。

ハイローオーストラリア自体には危険性がない①セントビンセント・グレナディーン諸島の法律に基づいて運営されている

ハイローオーストラリアの運営母体となる大元の会社はオーストラリアに籍を置いていますが、そのほかの国に対してサービスを提供している関連会社はセントビンセント・グレナディーン諸島にあります。

日本人がハイローオーストラリアを利用する際にはこちらの関連会社を経由して口座開設をおこなうわけですが、この会社はセントビンセント・グレナディーン諸島の法律に基づいて運営がされていますので安全です。

ちなみにセントビンセント・グレナディーン諸島は多くの金融業者が籍を置いている国でもあります。

参考例としてはFX業者として有名な「HOTFOREX」や「BIGBOSS」といった業者が同国の金融ライセンスを保有しているのですが、どちらも非常に優良な企業です。

また、ハイローオーストラリアの関連会社はセントビンセント・グレナディーン諸島以外にもあり、それぞれの所在地や情報を正確に開示しています。

【ハイローオーストラリアの関連会社】

  • HLMI LLC:セントビンセント・グレナディーン諸島
    (住所:First Floor, First St Vincent Bank Ltd Building, James St, Kingstown, St. Vincent and the Grenadines)
  • HLFX Limited:バヌアツ共和国
    (住所:Govant Building, 1st Floor, 1276, Port Vila, Vanuatu)
  • HighLow Markets Ltd:イギリス
    (Medius House, 2 Sheraton Street, London, W1F 8BH, United Kingdom)

このようにすべての企業情報が公開されているところもハイローオーストラリアを信頼できる点です。

もちろんそれぞれの国の法律に基づいて運営がされていますので、どれも正式に認められた会社となっています。

クロネコ

会社情報がここまで分かっているなら安心ですね。
海外の金融取引会社の中にはこうした情報を開示していないところもありますが、ハイローオーストラリアはそういった会社ではないということですね。

先生

ハイローオーストラリア自体には危険性がない②出金拒否などがないので安心

ハイローオーストラリアでは不当な出金拒否などもありません。

出金を申請すれば最短翌日には自分の銀行口座に着金が確認できます。

最低出金額も1万円からと良心的なので、初心者からしてもハードルは低いと思います。

もちろん特定の銀行にしか出金できないといったこともありません。

日本のすべての銀行に対応していて、どの銀行にも素早く出金してくれるところがハイローオーストラリアならではの魅力です。

クロネコ

出金がしっかりしていると安心しますよね。
ハイローオーストラリアに対して出金手数料を払うこともありませんので、非常に優良な業者だと思います。

先生

ハイローオーストラリアで考えられる危険性とは?

ハイローオーストラリア自体にはまったく危険性がないわけですが、投資には一定のリスクがあります。

そのため、ハイローオーストラリアで取引をしたときに考えられるリスクもしっかりと解説していきたいと思います。

取引における危険性①投資をおこなう上で元本を失うリスクはある

こちらはすべての投資に言えることですが、投資には元本を失うリスクがあります。

ハイローオーストラリアにおける元本とは「注文に使ったお金」のことです。

自分が注文ボタンを押して確定させた投資額に関しては予想が当たらない限り戻ってきませんので、当然のことながら事前によく理解しておきましょう。

クロネコ

まぁこれは当たり前の話ですよね。
元本を失うリスクは投資に付きものです。
そのリスクを抱えた上でリターンがあるということを理解しておいてくださいね。

先生

取引における危険性②必勝法はなく自分で勝ちパターンを構築する必要がある

ネット上には「ハイローオーストラリア必勝法」などを謳った記事や動画がアップされていますが、基本的に必勝法は存在しません。

そのため、利益を出すためには自分で勝ちパターンを構築する必要があります。

もちろん必勝法を謳った記事や動画を参考にすることは悪いことではありませんが、あくまで「参考程度」に留めておくようにしましょう。

そういった記事を鵜呑みにしてしまうと「絶対儲かるって言ってたのに!ハイローオーストラリアは詐欺業者だ!」といった感じの逆恨みトレーダーになってしまいます。

クロネコ

ちなみになぜ必勝法はないって言い切れるんでしょうか?
金融取引の世界に必勝法が生まれたらみんなが真似をすることになります。
これでは金融取引業界が成り立ちませんので、必勝法というのは絶対にないわけです。
もちろん勝率を上げるための努力は出来ますので、そちらに力を入れるようにしましょう。

先生

取引における危険性③利益が一定を超えたら税金を支払うことになる

ハイローオーストラリアで得た利益が一定額を超えると、自分で税金の申告・支払いをすることになります。

ちなみにその基準額は以下の通りです。

・給与取得者(サラリーマンやOL):年間利益が20万円以上
・非給与取得者(自営業者やフリーランス):年間利益が38万円以上

税金は利益の額に応じて上がっていくようになっていますので、税制上のリスクというのはあります。

もちろん正しく計上すれば何の問題もありませんが、これを黙っていると追徴課税といった危険性に繋がっていくわけです。

そのため、ハイローオーストラリアを利用するときは「税金を支払うことになる可能性もある」といった点を理解しておきましょう。

クロネコ

でも税金を払うってことはそれだけ儲かってるってことですよね?
その通りです。ある意味「税金を支払うくらい利益が出ているトレーダー」になるのが目標なわけですから、これは良いこととも言えますね。

先生

まとめ

ハイローオーストラリアに関する危険性などを解説してきました。

本文の内容をまとめると以下のような形になります。

【ハイローオーストラリアの危険性について総括】

  • ハイローオーストラリア自体には危険性がない(むしろ優良企業が運営している)
  • ただし、取引をする上では投資全般に言える基本的なリスクがある
  • 利益が大きくなると税金を支払うことになる

ご覧のようにハイローオーストラリア自体にはまったく危険性がありませんので、安心して利用してください。

あるのは投資全般に通じる基本リスクだけです。

税金を納める必要が出てくるくらい稼げるトレーダーになれればひとつ目標クリアといったところですので、ぜひそこを目安にチャレンジしていきましょう。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。