ハイローオーストラリアに引き分けはない?勝率を上げるために必要なこと

クロネコ

バイナリーオプションを始めるのにハイローオーストラリアを使おうと思っています。
ちなみにハイローオーストラリアの場合、アットザマネーになると判定はどうなるんですか?
ハイローオーストラリアでは「アットザマネー=負け判定」という設定になっています。
従って引き分けがないことになるのですが、このあたりに関する情報を詳しく紹介していきますね。

先生

ハイローオーストラリアは日本人トレーダーにとても人気があるバイナリーオプション業者です。

海外のバイナリーオプション業者ということもあり「最短30秒の取引が可能」「最大ペイアウト率が2.3倍」といった部分を大きな特徴として打ち出しています。

この記事では、そんなハイローオーストラリアを利用する方に向けて「引き分けになるとどうなるのか?」「引き分けにならないためのおすすめ取引方法は?」といった点を詳しくまとめました。

バイナリーオプションでは引き分け時の判定やペイアウト率が重要となってきますので、ぜひ取引を始める前にチェックしていってください。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

ハイローオーストラリアに引き分けはあるの?取引の仕組みを解説!

ハイローオーストラリアはセントビンセント・グレナディーン諸島に拠点を構える海外のバイナリーオプション業者です。

【ハイローオーストラリアとは】

  • 最大ペイアウト率が業界トップクラスの2.3倍
  • 最短30秒、最長1日のバイナリーオプション取引を提供
  • 日本語サポートがどこよりも手厚い
  • 口座開設&取引で5,000円がキャッシュバック
  • 銀行入金・クレジットカード入金・仮想通貨入金・その他オンラインウォレット使用可
  • 自分の国内銀行口座に直接出金できる
  • インストール不要の取引プラットフォームを採用

とにかく簡単にバイナリーオプション取引を始められて、しかも取引環境も優れているところがハイローオーストラリアの魅力です。

そんなハイローオーストラリアを利用する上で知っておきたい「引き分け」に関するルールや設定を、ここでは分かりやすく解説していきます。

ハイローオーストラリアでは引き分け(アットザマネー)が負け判定になる

ハイローオーストラリアではバイナリーオプション取引のみを提供しているわけですが、そんなバイナリーオプションでは稀に「注文レート」と「判定レート」が同値になることがあります。

たとえば上のチャートを参考にしてみましょう。

左側の赤丸部分で注文を出したときに右側の赤丸部分が判定レートだったとすると、注文レートと判定レートが同値として判断されます。

これを「引き分け」と捉えるのですが、ハイローオーストラリアの場合は「引き分け=負け」という判定になります。

ちなみにこうした引き分けのことを投資業界では「アットザマネー」と呼ぶのですが、アットザマネーの取り扱いについては業者によってバラバラです。

実際にハイローオーストラリアでは以前までアットザマネーが勝利判定として扱われていました。

しかし、数年前から引き分けは負けとなるようにルールを変えています。

こうなると「ハイローオーストラリアの利用はトレーダーにとって不利なのでは?」と思われてしまうのですが、実はそうではありません。

というのも、引き分けが負けになるからこそ得られるメリットもあるのです。

クロネコ

引き分けが負けになるからこそ得られるメリット…
これってどういう意味なんですかね?
次にその点を詳しく掘り下げていきますので、ぜひチェックしてみてください。

先生

ハイローオーストラリアで引き分けが負け判定に!トレーダーにとって不利なのでは?

ハイローオーストラリアでは「引き分け=負け=投資額の没収」というルールを設けています。

しかし、その反面でアットザマネーをハズレ判定にすることで当たり判定のペイアウト率を上げているのです。

そもそもバイナリーオプション取引をおこなっていて、注文レートと判定レートが同じ価格になることは稀です。

もちろんものすごく珍しいケースとまでは言いませんが、ほとんどの場合は注文レートと離れたところで決着がつきます。

そのため引き分けが負け判定になる分、普段の取引のペイアウト率が高くなるなら「そちらの方がトレーダーにとってお得」と考えられるわけです。

ということで取引を100回おこなったと仮定しながら、この条件がどういったメリットを生むのかを計算してみましょう。

【ハイローオーストラリアで100回の取引をおこなった場合】

  • 条件①100回中49回勝った
  • 条件②100回中50回負けた
  • 条件③100回中1回引き分けた(負け判定)

※1回の投資額は1,000円、ペイアウト率は2.1倍とする

  • ペイアウト額の合計:1,000円×2.1倍×49回=102,900円
  • 投資額:1,000円×100回=100,000円
  • 利益:102,900円-100,000円=2,900円

ご覧のようにハイローオーストラリアではペイアウト率が2.1倍以上の取引を用意していますので、仮に引き分けが負け判定となり、勝率が50%を下回ったとしても利益が出ます。

上記の計算例はペイアウト率2.1倍にしていますが、実際には最大2.3倍のペイアウト率で取引が出来るため、もっと引き分け判定による負けが多くても利益が出るということです。

なお、他の業者の中には最大ペイアウト率が2倍までというところもあります。

そういった業者で引き分けが負けになると五分五分以下の勝負になってしまいますが、ハイローオーストラリアならその分ペイアウト率が高くなっているので不利にならないわけです。

クロネコ

なるほど。
引き分けを負け判定にする代わりにペイアウト率を高くすることで、トレーダーが不利にならない環境を提供しているということですね。
その通りです。
正直、引き分けが勝ち判定になってもペイアウト率が低ければ意味ないですからね。
長い目で見れば高いペイアウト率を用意してくれている方がお得なんですよ。

先生

ハイローオーストラリアで引き分けにならないための取引方法・手法を解説!

ここからはハイローオーストラリアでトレードする場合に「なるべく引き分けにならないような取引方法」について解説していきます。

とは言っても考え方は非常にシンプルで、トレンド相場を狙えば引き分けになりにくいということを覚えておきましょう。

たとえばこちらはドル円チャートですが、仮に1分の取引をするならご覧ように値動きが傾いているときを狙えば良いわけです。

値動きが一方向に傾いている状態をトレンド相場と呼びますが、こうした相場ならアットザマネーになりにくいです。

バイナリーオプションで稼ぐための秘訣としては「とにかく高い確率で勝てる相場が来るのを待つ」という方法があります。

こうした考え方を理解しておけば初心者でも利益を出しやすくなりますので、ぜひ覚えておいてください。

クロネコ

引き分けにならなければ負けの数を増やすこともないですからね。
トレンド相場を狙えばペイアウト率が高いスプレッド付きのターボ取引で勝てるようになりますよ。

先生

まとめ

ハイローオーストラリアにおける「引け分け判定」の取り扱われ方をご紹介してきました。

ハイローオーストラリアはアットザマネーが負けになるから不利と考えているトレーダーもいるようですが、その裏には通常時のペイアウト率が高くなっているというメリットがあることを忘れてはいけません。

そもそもバイナリーオプション取引で注文レートと判定レートがまったくの同値になることは多くありませんので、普段のペイアウト率が高く設定されている方がトレーダーにとってはありがたいと言えます。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。