ハイローオーストラリアのレート不正操作疑惑について徹底検証【ネットの噂はウソが多い】

クロネコ

ハイローオーストラリアにレートの不正操作疑惑があるって本当ですか?
その噂についてはウソであることが確実視されていますね。
その理由について詳しくご紹介していきましょう。

先生

ハイローオーストラリアは日本人にとってもっとも馴染みのある海外バイナリーオプション業者です。

そんなハイローオーストラリアに対して不名誉な噂が立ったのが2021年の1月ごろです。

この記事ではその「ハイローオーストラリア・レート不正操作疑惑」の真相と噂がウソである理由について詳しく解説をおこなっていきます。

また、ハイローオーストラリアがレートを不正操作していないと言える根拠についても見ていきますので、これからハイローオーストラリアを利用しようとしている方はぜひ参考にしていってください。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

ハイローオーストラリアのレート不正操作疑惑はウソ!その理由をご紹介

タブレット, グラフ, 取引, 分析, 外国為替, チャート

ハイローオーストラリアに対しては、これまでにもレートの不正操作疑惑が掛かることがありました。

ただし、結論から言いますとハイローオーストラリアはレートの不正操作をおこなっていません。

というよりもハイローオーストラリアは判定時に利用するレートのデータを外部のサイトから取得しているため、レートの操作ができるわけないのです。

こうしたことから、ハイローオーストラリアは安心して口座開設できるバイナリーオプション業者と言えます。

しかし、ネット上でハイローオーストラリアのレート不正操作疑惑というニュースを見た人からすると、これだけでは納得しないと思いますので、その根拠や理由について詳しくご紹介していきましょう。

ハイローオーストラリアのレート不正操作疑惑とは?

ハイローオーストラリアへのレート不正疑惑が持ち上がったのは2021年の1月でした。

その噂の大元となったのは、とあるネットニュースサイトに掲載された以下のような記事です。

こちらのネットニュースサイトには「XM(海外のFX業者)やハイローオーストラリアなど5社が、不正に価格の操作をおこなっていたことをウィキリークスが内部告発した」と書かれています。

ちなみに、先に申し上げておきますとこのネットニュースサイトは悪質なフェイクサイトであり、すでに閉鎖されていてアクセスが出来ません。

このウソのニュースを流したのは「Finance News Topic」というサイトです。

しかし、なぜこのサイトやニュース自体がウソと言えるのか?と疑問に感じる人もいるかと思います。

そこで、その理由や根拠について解説をしていきましょう。

ハイローオーストラリアのレート不正操作疑惑がウソと言える理由

ハイローオーストラリアに対するレート不正操作疑惑を流した「Finance News Topic」について、時事系列をまとめると以下のようになります。

ハイローオーストラリアへの不正疑惑がウソとして考えられる理由
・情報を公開したのは「Finance News Topic」というサイト
・ニュースが掲載されたのは2021年1月上旬
・内容はハイローオーストラリアを含め、XMやタイタンFXなど海外の外国為替取引所5社が日本人向けのサイト上で不正にレート操作をおこなっていたというもの
・この5社による不正レート操作は「project HARAKIRI」と称されていたと「Finance News Topic」が掲載
・またこの不正レート操作を告発したのはウィキリークスであるとも掲載している
・しかしウィキリークスからこうした内容が発表された事実はない
・話題が大きくなり過ぎた結果、2021年2月時点で「Finance News Topic」は閉鎖状態に

ものすごく簡単に言いますと、個人が作ったサイト上でハイローオーストラリアやFX業者に対するウソのニュースを流した結果、事態が大きくなりすぎたので管理人が逃亡したという感じです。

しかもこのサイトの悪質なところは、ハイローオーストラリアに対するフェイクニュース以外はすべてCNNからニュースを無断転載していたという点です。

これは本物のニュースの中にひとつのフェイクニュースを紛れ込ませることで、信憑性を増そうとしたと考えられます。

当然ながら各社からすると信用を傷つけられた結果となりますので、おそらくサイトの管理人に対して何かしらの法的措置を取ることになるでしょう。

そしてこれが、ネットでハイローオーストラリアと調べたときに「不正操作」という単語がキーワードとしてアップされる理由です。

つまりハイローオーストラリアは別にレートの不正操作をおこなっている業者ではないので、安心して利用できると言えます。

こうしたネット上のウソに騙されないよう、皆さんもぜひ気を付けてください。

クロネコ

なるほど。フェイクサイトが流したウソのニュースによってレートの不正操作疑惑が生まれてしまったわけですね。
そのとおりです。そして、次に「そもそもハイローオーストラリアはレートの不正操作ができない」ということについてご紹介していきたいと思います。

先生

そもそもハイローオーストラリアはレートの不正操作をできない?

ハイローオーストラリアには度々「レートの不正操作をしているのでは?」という噂が立ちます。

しかし、これに対して伝えたいのはそもそもハイローオーストラリアはレートの不正操作が出来ないようになっているという点です。

というのも、ハイローオーストラリアが注文時や判定時に利用しているレートというのは、そのデータを外部のサイトから取得しています。

【ハイローオーストラリアへのよくある質問】

Q.

HighLowで表示されているレートの配信元はどうなっていますか?

 

A.

仮想通貨-BitMEX社, LMAX社、

外貨為替-BitMEX社, LMAX社、

経済指標-FXCM社、

商品指数ー-FXCM社

ご覧のようにハイローオーストラリアで使われているレートというのは、為替のレートを配信する外部の業者から取得しています。

そのため、このレート自体を操作するということは基本的に出来ません。

ハイローオーストラリアが出来ることと言えば、スプレッドの設定を広げたり狭くしたりすることくらいなので、レートの不正操作には当たらないわけです。

ちなみにスプレッドの幅を変えることは不正でもなんでもありません。

どのバイナリーオプション業者でもFX業者でも、スプレッドというのは自由に設定できるようになっています。

中にはスプレッド固定という業者もありますが、そういうところは事前に取引条件を確認すれば分かります。

こうしたことからも、ハイローオーストラリアは不正にレートを操作しているわけではないと言えるのです。

クロネコ

レートを取得している業者自体を偽っている可能性はないのですか?
それをやったら確実に違法なので、そこまで大胆な不正をする業者はいないと言えるでしょうね。
しかも勝手に名義を借りられているレート配信業者が気付けばすぐにバレますから。

先生

ハイローオーストラリアにレートを不正操作されて損をしたという人の真実

ここまでをご覧いただいた方であれば、ハイローオーストラリアはレートの不正操作をおこなうような業者ではないことが分かってもらえたかと思います。

しかし、ネット上にはそれでもレートの不正操作がおこなわれていると叫ぶ人がいます。

この理由は単純にハイローオーストラリアで稼げなかったからです。

その大半はハイローオーストラリアで負けた腹いせをレート不正操作という理由にすり替えているだけなので、気にする必要はありません。

ちなみにハイローオーストラリアでは注文をしようとしたときに「価格が変更されたため、購入申込はキャンセルされました」となることがあります。

これは注文時のレートと実際のレートに差があったときに発生するものです。

こうしたことを理由にレートが不正操作されているという方もいますが、それは間違いです。

為替のレートは常に変動しているため、注文が通りやすいときと通りにくいときがあります。

ある意味、金融取引の世界では常識と言えるものなので、このことを理由にハイローオーストラリアを批判するのは非常にナンセンスです。

なお、注文が通らなかったときはその後のレートの推移を見ながら冷静に注文のし直しをすればいいだけなので、負ける理由にはならないということですね。

先生

まとめ

ハイローオーストラリアはレートを不正操作している業者ではないということをご紹介してきました。

ハイローオーストラリアは日本人が多く利用している業者だけに、ネガティブな意見も大きく伝わってしまうことがあります。

そうした根も葉もない噂に騙されてバイナリーオプションに挑戦することを止めてしまってはもったいないので、ぜひこちらの内容をよく読み参考にしてみてください。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。