ハイローオーストラリアの有料ツールって本当に使えるの?【口座開設前に】

クロネコ

ハイローオーストラリアで使える有料ツールってあるんですか?
あることにはありますが、そのすべてが有効とは言えない感じですね。
そのあたりを詳しく見ていきましょう。

先生

ハイローオーストラリアは海外のバイナリーオプション業者です。

海外のバイナリーオプション業者では30秒や1分といった短い時間の取引が出来るのですが、そういった取引に有料ツールを使う人もいます。

この記事では、そんな有料ツールに関する情報を詳しくまとめました。

ハイローオーストラリアで使える有料ツールとはどういったものか?また、有料ツールの使用は認められているのか?という点を参考にしていってください。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

ハイローオーストラリアの有料ツールって本当に使えるの?【口座開設前に】

ハイローオーストラリアはバイナリーオプション取引のみを提供する海外の業者です。

30秒や1分といった短期的な取引が出来るところが魅力のひとつで、短時間で稼げる業者として知られています。

そんなハイローオーストラリアに対してはネット上で有料ツールというものが販売されています。

有料ツールには様々な種類があるのですが、すべてのツールがハイローオーストラリアの攻略に使えるとは限りません。

ということで、まずはどんな有料ツールが出回っているのか?という部分から見ていきましょう。

ハイローオーストラリアの有料ツールってなに?

ハイローオーストラリアで使われている有料ツールには大きく分けて2つの種類があります。

【有料ツールの種類】

  • サインツール(シグナル配信ツール)
  • 分析ツール
  • 自動売買ツール

サインツールというのはシグナル配信ツールとも呼ばれるもので、チャート上にエントリーするタイミングを矢印で表示してくれるツールを指します。

ハイローオーストラリアの攻略に使われているツールとしてはメジャーな種類であり、エントリー自体は自分でおこなうことから使用が認められると考えられています。

なお、シグナル配信ツールは色々なサイトで販売されていますが、その実力はすべて未知数です。

どのシグナル配信ツールなら勝率が上がるのかは自分で確かめるしかありません。

もちろん中には全く効果のないシグナル配信ツールもありますので、利用する場合には注意が必要と言えます。

次に分析ツールですが、こちらは有料のものより無料のものの方が人気です。

こちらはMT4(メタトレーダー4)という分析ツールですが、無料ツールの中では特におすすめとなっています。

後発モデルのMT5も同様に無料で利用可能なので、ハイローオーストラリアの攻略に使うなら無料ツールのMT4・MT5を選んでみてください。

最後に有料の自動売買ツールについてですが、こちらはハイローオーストラリアで利用が禁止されています。

ハイローオーストラリアではどんなものでも自動売買系のソフトウェアが使えません。

そのため、ネット上で「ハイローオーストラリアで使える自動売買ツール」といった商品を見たら99%詐欺だと思ってください。

そもそもハイローオーストラリアは独自の取引プラットフォームを用意していますので、そこに自動売買ツールを連動させることは非常に難しいです。

仮に出来たとしてもすぐに「自動売買ツールによる取引だな」とバレてしまい、アカウントの強制解約といった処分が下されてしまいます。

【ここまでのまとめ】

  • ハイローオーストラリアで使える有料ツールは「シグナル配信ツール」くらい
  • 分析ツールに関しては無料のMT4・MT5で十分
  • 自動売買ツールに関しては有料・無料問わず利用不可

クロネコ

なるほど。有料ツールって言っても色々な種類があるんですね。
ハイローオーストラリアで利用できる有料ツールはシグナル配信ツールくらいなのですが、そこにもメリットとデメリットがありますので次に解説していきます。

先生

ハイローオーストラリアで使える有料ツールの選び方・メリット・デメリットについて

ハイローオーストラリアで使える有料ツールは「シグナル配信ツール」となります。

シグナル配信ツールは主にMT4の画面にエントリータイミングを知らせてくれるといった仕様になっていて、その指示に従って注文を出せば勝てるという触れ込みで販売されています。

ネット上には色々なシグナル配信ツールが存在しますが、有料ツールを購入する場合にはいくつかのポイントをチェックしておいてください。

【有料ツール・シグナル配信ツール】選び方と基準について

【シグナル配信ツールの選び方】

  • 無料版があるかどうかチェック
  • バックテストの結果をチェック
  • 対応している通貨ペア・取引時間などをチェック

有料のシグナル配信ツールを選ぶときには、ひとまず無料版があるかどうか確かめましょう。

無料版でなくても数百円で利用できるお試し版があれば、そちらをハイローオーストラリアのデモ取引で試用して精度を確認することが大事です。

また、バックテストの結果を確かめることも重要なポイントとなります。

過去の成績が最低でも60%以上はないとシグナル配信ツールとして使いものになりません。

バックテストは自分でも出来ますので、一定の期間のチャートを確認しながらそのシグナル配信ツールの信用性をチェックしてください。

あとは対応している通貨ペアや取引時間も事前に見ておきましょう。

ハイローオーストラリア用として使うならMT4の1分足に対応しているものでないとあまり効果が生まれません。

もちろん長い取引時間用のツールとして使うことは問題ありませんが、高いペイアウト率を狙うならターボスプレッド取引で利用できるシグナル配信ツールがおすすめとなります。

【有料ツール・シグナル配信ツール】メリットとデメリットについて

シグナル配信ツールの利用には以下のようなメリットがあります。

【メリット】

  • 自分でチャート分析しなくてもエントリーするタイミングが分かる
  • チャート分析結果と照らし合わせながら精度の高い予測ができる
  • 結果として稼ぎやすくなる

シグナル配信ツールを使えば知識がない初心者の方でもエントリーするべき適切なタイミングが分かるようになります。

また、もともとチャート分析をしている方なら自分の分析結果と照らし合わせながら注文できるところも大きなメリットです。

そして結果的に通常より稼ぎやすくなるというケースもあるのですが、次にシグナル配信ツールのデメリットも見ていきましょう。

【デメリット】

  • 色々なシグナル配信ツールが出ているのでどれを選べば良いのか分かりづらい
  • 使えないツールにお金を支払うリスクがある
  • シグナル配信ツールの種類によっては集団取引・自動売買ツールの使用を疑われることもある

ネット上にはシグナル配信ツールがたくさん出回っていますので、どれを選べば良いのか分からないといったデメリットがあります。

しかもせっかく買ったツールが使えない・勝てないといった場合にはただ損をすることになります。

さらに同じシグナル配信ツールを使っている人が大勢いると集団での取引や自動売買ツールでの取引に間違われる可能性もあり、メリットよりデメリットの方が大きくなる可能性も否定できません。

シグナル配信ツールを利用する際は、ぜひこうしたことを理解した上で使ってください。

クロネコ

うーん。
有料ツールを買っても実際に勝てないんじゃ意味ないですよね。
正直シグナル配信ツールだったとしても有料のものはあまりおすすめしません。
ネット上を探せば無料で利用できるツールもありますので、まずはそちらから試してみてはいかがでしょうか。

先生

まとめ

ハイローオーストラリアで使える有料ツールに関する情報をまとめてきました。

ご覧いただいた通り、有料ツールの中で使えるのはシグナル配信ツールくらいです。

そのシグナル配信ツールに関してもいくつかのデメリットがありますので利用する際には十分なチェックをおこなってください。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。