ハイローオーストラリアの転売の仕方を画像付きで解説!【利益率アップに欠かせない】

クロネコ

ハイローオーストラリアには「転売」って機能もあるんですよね?
どういった機能なんですか?
「転売」は注文を約定時間前に決済する機能のことです。
この機能があることで単調になりがちなバイナリーオプション取引に戦略性が加わるようになっています。

先生

ハイローオーストラリアは海外のバイナリーオプション業者です。

取り扱っている金融取引もバイナリーオプションのみなので、とてもシンプルなところが日本人の間でも話題を呼んでいます。

そんなハイローオーストラリアには「転売」という機能も付いていて、よりバイナリーオプション取引を楽しめるようになっています。

この記事ではハイローオーストラリアの転売機能を画像付きでご紹介していきますので、どうぞ参考にしていってください。

ちなみに転売機能を使いこなせるようになるとより利益率がアップします。

ハイローオーストラリアの転売の仕方について!【画像付きで解説】

統計情報, 透明性, 会社, 可用性, コース, 曲線, 損失, お支払い, 開発, 成功, キャリア

これからハイローオーストラリアを利用する方の中には「転売」という機能をご存知ない方もたくさんいると思います。

そこで、まずは転売に関する基礎知識から説明していきましょう。

ハイローオーストラリアの転売とは?

「転売」とは、自分が保有する注文を途中で決済する行為のことを指します。

ほかのバイナリーオプション業者の場合だと「売却」と言ったりもしますが、内容は基本的に同じです。

転売機能を上手く使いこなせるようになると、FXなどで言うところの「損切り」や「利確(利益確定)」といったアクションが起こせるようになります。

つまり、一般的には「バイナリーオプションは2択の勝負」と思われがちですが、実は転売機能を使うことでより高度な取引をすることも可能なわけです。

そんなハイローオーストラリアでの転売機能について画像と共に解説をしていくというのがこの記事の主旨となります。

クロネコ

バイナリーオプションは注文を出したら出しっぱなしで決済を待つだけかと思ってました。
初めて利用する人の多くはそう思っているかもしれませんね。
しかし、稼げるトレーダーになるためには転売機能を上手く使うことが必須です。
そのため、この機会によく学んでおきましょう。

先生

ハイローオーストラリアで転売をおこなう方法【画像付き】

ハイローオーストラリアでは約定までの時間的な長さによって以下のような種類の取引を用意しています。

ハイローオーストラリアの取引の種類
【ハイロー取引・ハイロースプレッド取引】
・1日
・1時間
・15分
【ターボ取引・ターボスプレッド取引】
・5分
・3分
・1分(転売不可)
・30秒(転売不可)

ご覧のように様々な取引時間があるわけですが、1分と30秒以外の取引以外はすべて転売機能が使えます。

つまり、3分以上の取引であれば注文を通したあとに途中でポジションを売却することができるのです。

その使い方をまずは画像付きでご紹介していきましょう。

なお、ここでは分かりやすいように「ハイロー取引・15分」を例に出していきます。

こちらがハイローオーストラリアの取引画面なのですが、チャート上にある緑色の部分が注文をエントリーしたタイミングとなります。

そして、注文をおこなうと画面下側に注文内容が表示されます。

このとき、右側に表示されているのが「転売ボタン」です。

「転売」と書かれたボタンをクリックするとどうなるかを見てみましょう。

転売ボタンをクリックすると、そのポジションの「現在の評価額」が表示されます。

①の部分が注文した金額で、②の部分が現在の評価額です。

もう少し「HIGH」の方向に傾いてくれればペイアウト率1.85倍のお金が戻ってきます。

しかし、このまま予想が外れてレートが「LOW」の方向に動いてしまうと、①の注文額がすべて没収となってしまいます。

このときのダメージを最小限に抑えるために使われるのが転売機能です。

仮に、上画像のタイミングで転売をした場合とそのまま注文を持ち越して予想を外した場合の結果を見てみましょう。

転売をしたときとしないときの差・一例
転売をした場合
・894円で転売ができたのでマイナスは106円のみで済む
転売をしないで取引失敗した場合
・注文額すべてが没収されるのでマイナスは1,000円

このように転売機能を使うのと使わないのとでは、最終的な損失が大きく変わってきます。

特にハイローオーストラリアの場合は短期的な取引が多いので、転売を決断するタイミングというのは非常に重要です。

試しにもうひとつ例を出してみましょう。

こちらはペイアウト率の高いターボスプレッド取引・3分を選んだときの画面です。

レートが下がると予想して「LOW」に注文を出しましたが、1分経った時点で予想が外れることが濃厚になってきました。

このとき転売をしたとすると「569円」が戻ってくることになります。

しかし、それでもポジションを持ち続けたとしましょう。

そうすると結果として完全に予想を外すことになってしまいました。

つまり、先ほどの「569円」で転売できるタイミングで転売をしておいた方がマイナスが少なかったということです。

このようにハイローオーストラリアでは早めに転売をすることで「損切り」ができるようになっているわけですね。

もちろん、逆に利益を確定させたいときにも転売は有効な手段となっています。

そのときの評価額が「1,500円あたりを超えたら転売をする」といったルールを自分の中で決めておくと、負けが少なくなり結果的に高い利益率をキープすることが可能です。

転売を上手く使うと注文額をすべて没収されることがなくなるので、勝率が低くても利益が出せるようになります。

こうしたところが転売機能の特徴と言えるのですが、次にもう少し詳しく転売のメリットについてご紹介していきましょう。

クロネコ

たしかに転売を使えば全額没収がなくなりますね。
これはかなり大きな特徴と言えるかも。
バイナリーオプションで重要なことは損失を最小限に抑えることです。
マイナスが抑えられるようになると勝率が低くても結果として利益が残るケースもあります。

先生

ハイローオーストラリアで転売をするメリット

ハイローオーストラリアで転売をするメリットは最終的に利益が残りやすくなるという点です。

たとえばペイアウト率2倍の取引を10回おこなったとき、普通であれば勝率5割でプラスマイナスがゼロ円になります。

しかし、転売を上手く使えば勝率4割でも利益を残すことが出来るわけです。

【条件:ペイアウト率2倍、1回の投資額1,000円、10回の取引を実行】
※評価額が「400円」になったら転売を実行する

勝率 転売あり 転売なし
60% ・成功6回×1,000円=6,000円の利益
・失敗4回×1,000円=4,000円の損失
(転売4回×400円=1,600円が返金)
⇒合計3,600円の利益
2,000円の利益
50% ・成功5回×1,000円=5,000円の利益
・失敗5回×1,000円=5,000円の損失
(転売5回×400円=2,000円が返金)
⇒合計2,000円の利益
0円
40% ・成功4回×1,000円=4,000円の利益
・失敗6回×1,000円=6,000円の損失
(転売6回×400円=2,400円が返金)
⇒合計400円の利益
2,000円の損失

ご覧のようにあらかじめ転売価格を決めて実行すれば、勝率4割でも利益が残ることになります。

上記の例で言えば転売をしないと損失は2,000円転売をすれば400円の利益ですから、この差は大きいですよね。

もちろん評価額400円ぴったりで転売できることは少ないのですが、350円くらいまでの間に転売をすれば利益が出る計算になります。

転売をおこなうメリットはこういったところにありますので、ぜひ有効に活用してみてください。

なお、転売可能な取引だと「ターボスプレッド・3分の取引」がペイアウト率2.05倍で最高値となります。
2.05倍だと上記の例より勝率が低くても利益が出ますので、ぜひ試してみてください。

先生

まとめ

ハイローオーストラリアの転売機能についてご紹介してきました。

ご覧いただいたように転売機能を上手く使いこなせるようになると利益率が格段に上がります。

そのため、負けると分かった取引はスパッと転売してしまいましょう。

転売を使いこなすことが上級トレーダーへの第一歩ですので、ぜひこのあたりはよく覚えておいてください。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。