ハイローオーストラリアは闇がある?おかしな噂を徹底検証【安心安全・口座開設】

クロネコ

ハイローオーストラリアを利用してバイナリーオプションにチャレンジしようと思っています!
でもネットを見ると「ハイローオーストラリアには闇がある」とか書かれていて不安なんですよね。
おかしな噂が色々あるみたいですけど、これって本当なんですか?
結論から言えば、ハイローオーストラリアには闇がある等といった噂はすべてデタラメです。
安心して口座開設できる業者なので信用してもらって大丈夫ですよ。

先生

ここ数年でバイナリーオプションという言葉が一般的にも認知されるようになってきましたが、そんなバイナリーオプションの代表的な業者が「ハイローオーストラリア」です。

ハイローオーストラリアは海外のバイナリーオプション業者なのですが、日本語対応が万全なので日本人トレーダーも多く利用しています。

しかし、ネット上では一部「ハイローオーストラリアには闇がある」といった記事を見かけることもあります。

ここでは、そんなハイローオーストラリアに対するおかしな噂を詳しくまとめました。

これからハイローオーストラリアを利用する方が知りたい「本当はどうなの?」という部分を分かりやすく解説していますので、ぜひ最後までご覧になっていってください。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

ハイローオーストラリアは闇がある?おかしな噂を徹底検証【安心安全・口座開設】

ハイローオーストラリアはセントビンセント・グレナディーン諸島に籍を置くバイナリーオプション業者です。

そのため、日本では「海外バイナリーオプション業者」という扱いになります。

ここでは、そんなハイローオーストラリアに対してネット上で語られている「闇」の部分をご紹介しながら、その真相について詳しく検証していきます。

ハイローオーストラリアの闇とは?①日本の金融庁に未登録は違法なの?

まずはハイローオーストラリアの信頼性や安全性に関する部分から見ていきましょう。

ハイローオーストラリアは日本の金融庁に登録をおこなっていません。

そのため、これまでに何度か金融庁から警告を受けています。

こうしたことからハイローオーストラリアに対しては「違法な業者ではないのか?」といった疑いが掛けられているわけです。

ちなみに、この件については問題となる点がまったくありません。

もともと金融投資系の業者は国内業者・海外業者といった区別をされています。
(FX業者が代表的な例)

こうした形で海外業者と呼ばれるところはすべて日本の金融庁に未登録のままです。

つまりハイローオーストラリアだけがおかしいわけではないということです。

【なんで海外業者は日本の金融庁に登録しないの?】

  • 日本の金融庁に登録すると、日本の規制(ルール)に従ってサービスを提供しなくてはいけなくなる
  • バイナリーオプションの場合だと取引時間に制限が掛かったりする
  • 海外のバイナリーオプション業者ならではの魅力がなくなる
  • そのため、バイナリーオプションでもFXでも海外業者は日本の金融庁に登録しない
  • 「日本の金融庁に未登録=違法業者」ではない

簡単に言えば他社との差別化を図るために海外業者は日本の金融庁に登録しないわけです。

そのため、ハイローオーストラリアは違法業者!と叫んでいる記事はデタラメということになります。。

クロネコ

日本人が口座開設しても罰則はないんですよね?
もちろんです。
ハイローオーストラリアが日本の金融庁から警告を受けることがあっても、トレーダーが罰則を受けることはありません。
当然、預けた資産が戻ってこなくなるといった心配も要らないので安心してください。

先生

ハイローオーストラリアの闇とは?②稼ぎすぎると口座凍結するって本当?

昔から「ハイローオーストラリアで稼ぎすぎると口座凍結する!」といった噂はありますが、これはもはや都市伝説のレベルです。

ハイローオーストラリアで口座凍結(アカウント解除)される原因は稼ぎすぎではありません。

その原因は別のところにあります。

【ハイローオーストラリアで口座凍結される原因とは?】

  • 自動売買ツールを使った取引
  • レートの遅延を狙った取引
  • クレジットカードの乱用(入出金額が通常の範疇を超えるなど)

ハイローオーストラリアではあらかじめ決められている「禁止行為」をおこなうと口座凍結されます。

なぜ上記のような禁止行為が定められているのか?というと、自動売買ツールなどを使って取引をすると稼げる可能性が高まるからです。

つまり「禁止されている取引で荒稼ぎ」⇒「口座凍結」といった流れになっているわけです。

この噂の真相は自分が悪いにも関わらず稼ぎすぎたから口座凍結されたと騙っているだけなので、一般的なトレーダーの方は何の心配も要りません。

クロネコ

闇深いのはむしろトレーダーの方だった…ということですね。
そういうことになりますね。
あとはマネーロンダリングを防止するためにクレジットカードの乱用も禁止行為に含まれています。

先生

ハイローオーストラリアの闇とは?③詐欺グループがよく使うバイナリーオプション業者なの?

バイナリーオプション取引が一般の方にも認知されるようになって数年が経ちます。

その間にバイナリーオプションを悪用した詐欺被害というのも増えてきました。

このとき、詐欺グループがよく使う業者として「ハイローオーストラリア」の名前が挙がることもあります。

とは言え、これはハイローオーストラリアが悪いわけではありません。

そもそも詐欺行為を働く悪質なグループ、またそうした詐欺行為に引っ掛かるトレーダーがいることが問題と言えるわけです。

もちろんハイローオーストラリア自体が詐欺に加担することはありませんし、ハイローオーストラリアがトレーダーを騙すような取引やサービスを提供することもあり得ません。

ちなみにこちらはここ数年の中で比較的大きく取り上げられたバイナリーオプション詐欺のニュースです。

取引時間を1分後から選べると書かれていますが、これは海外バイナリーオプション業者のみの特徴となります。

こうしたニュースが広まると「ハイローオーストラリアを使った詐欺では?」と思われてしまうのですが、そのすべてがハイローオーストラリアを利用しているわけではありませんので理解しておきましょう。

なお、こうした詐欺に引っ掛からないために「そもそもバイナリーオプションに必勝法はない」ということを覚えておいてください。

クロネコ

SNSのDMとかでもバイナリーの勧誘が届いたりしますよね。
投資は自分ひとりでおこなうもの!勉強はネットがあれば出来る!ということを理解していれば詐欺に引っ掛かることもありませんよ。

先生

補足:ハイローオーストラリアは不正にレート操作をしている闇深い業者なの?

2021年1月にネット上で話題となった「ハイローオーストラリアは不正にレート操作している」という噂はすべてウソです。

とあるフェイクニュースサイトが自身のアクセス数をアップさせるためにウソの情報を流し、事態が大きくなり過ぎたので逃亡したというのが顛末となっています。

そもそもハイローオーストラリアは外部の業者から配信レートを受け取っていますので操作自体が出来ません。

ちょっとでも知識がある方ならこうした事実にすぐ気づくはずです。

ネット上の噂を鵜呑みにしているようでは良いトレーダーになれませんので、ぜひ自分で情報収集する力を身に着けてみてください。

クロネコ

日本人トレーダーが知っている有名な業者だけを狙ってフェイクニュースを流したわけですね。
内容を読めばウソであることに気付くはずですが、取り上げたフェイクニュースサイトはもう閉鎖されているので見ることが出来ません。
こうしたデマなどを真に受けると自分が損をするだけなので、情報の取捨選択は間違えないようにしましょう。

先生

まとめ

「ハイローオーストラリアには闇がある」といった噂の真相を徹底検証してきました。

ご覧いただいたようにハイローオーストラリアには何の非もありません。

悪い噂に関してはすべて悪質なトレーダーが原因となっていますので、これからハイローオーストラリアを利用する方はデマやデタラメに騙されることなく普通に取引をおこなってもらえればと思います。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。