ハイローオーストラリア攻略にはボリンジャーバンドが有効!【使い方や特徴は?】

クロネコ

ハイローオーストラリアを攻略するのにボリンジャーバンドが有効って聞いたんですけど、ボリンジャーバンドってなんですか?
ボリンジャーバンドはチャート分析に使われるインジケーターのことです。
初心者でも使いやすいインジケーターで、ハイローオーストラリア攻略にも役立ちますよ。

先生

ハイローオーストラリアの攻略法には色々なものが挙げられますが、チャート分析をして今後の値動きを予測するというのが基本のやり方です。

そのチャート分析に使われているのが「ボリンジャーバンド」です。

ボリンジャーバンドは初心者でも設定がしやすいインジケーターで、特にハイローオーストラリアのようなバイナリーオプション取引には高い有効性を見せてくれます。

この記事では、そんなボリンジャーバンドの使い方などをまとめました。

これからハイローオーストラリアに挑戦しようとしている方は、ぜひボリンジャーバンドによるチャート分析を試してみてください。

何もせずに取引をするより格段に勝率がアップするはずです。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

ハイローオーストラリア攻略にはボリンジャーバンドが有効!【使い方や特徴を解説】

取引, 分析, 外国為替, グラフ

ボリンジャーバンドはハイローオーストラリア攻略に使えるもっともシンプルなインジケータ-です。

初心者が使っても値動きの予測がしやすいインジケーターとなっていますので、これからハイローオーストラリアを利用し始める人はまずこのボリンジャーバンドの使い方を覚えておきましょう。

もちろん投資未経験の方からすれば「そもそもボリンジャーバンドってなに?」という疑問があるかと思いますので、そうした基本的な知識から解説していきます。

【ハイローオーストラリア攻略】ボリンジャーバンドってなに?

ボリンジャーバンドとはチャート分析ツール上で使われるインジケーターの種類です。

ちなみにインジケーターとは過去のデータなどから今後の為替予測をおこなうための指標をビジュアル化したものです。

それぞれのインジケーターをONの状態にするとチャート上にラインや数値などが表示されます。

その表示されたラインや数値などから今後の為替予測をしていくわけです。

ボリンジャーバンドはインジケーターの中でも比較的メジャーで、チャート分析のベースとして使われることが多いものとなっています。

【ボリンジャーバンドとは?】

  • 統計学を用いたテクニカル分析用のインジケーター
  • 移動平均線とその上下2本ずつの標準偏差からなる合計5本の線で表示される
  • ただし、表示させる線の数は調整可能
  • 標準偏差+2σ~-2σの間で値動きをする確率は約95%
  • そのため「2σ」の線だけでも十分に使える

簡単に言えば、「過去のデータからすると、今ならこれくらいのレートまでは値動きが進みますよ。このラインを超えると行き過ぎなので、約95%の確率でラインの内側にレートが戻ってきますよ。」といった感じです。

ということで、実際にボリンジャーバンドを表示させたチャート画面というものを見てみましょう。

こちらは標準偏差「±2σ」のボリンジャーバンドを表示させた状態のチャート画面です。

ご覧のようにレートの値動きというのはほぼラインの内側に収まっていることが分かります。

もちろん突発的な値動きが発生したときにはボリンジャーバンドのラインを突き抜けることもありますが、そうしたときには後で必ず値戻りが起きるようになっています。

この特性を理解しておくと、ハイローオーストラリアにおける「ハイ」と「ロー」の選択がしやすくなるわけです。

仮にトレンドが発生していて、なおかつまだボリンジャーバンドのラインよりも内側なら順張りを選べば勝つ可能性が高くなります。

反対にボリンジャーバンドのラインを大きく突き抜けた後は高確率で値戻りが起きるので、逆張りをすればいいということです。

クロネコ

確かにボリンジャーバンドのラインに沿って値動きが進んでいることが分かりますね。
トレンド相場の終わりなども分かるようになるので、チャート分析をするときにはまずボリンジャーバンドを表示させましょう。

先生

【ハイローオーストラリア攻略】ボリンジャーバンドを使うにはどうすればいい?

ボリンジャーバンドを使ってチャート分析をおこなうときには、テクニカル分析用インジケーターが使えるプラットフォームを用意する必要があります。

こうした分析プラットフォームはネット上に無料で転がっていますので、どれを使ってもOKです。

手軽に利用したいのであれば「ドル円 チャート」といった形でネット検索をして、表示されたものの中からテクニカル分析用インジケーターが使える為替サイトを選んでも構いません。

ただ、ハイローオーストラリアで本格的に稼ぎたいのであれば専用のプラットフォームを用意するのがおすすめです。

ちなみによく使われているのはMT4・MT5といったものになります。

こちらはスマホ用アプリとしてもリリースされていますので、スマホで分析をしたい人にもおすすめです。

また、先ほどボリンジャーバンドを表示させた画面はパソコン版MT5の画像となります。

どちらも高性能な分析プラットフォームとして使えるので非常に便利です。

インストール方法はほかのアプリやソフトウェアと同じで、インストール(ダウンロード)ボタンをクリックorタップするだけとなっています。

ボリンジャーバンドを表示させる方法は、画面の上部からおこなっていきます。

「挿入」⇒「インジケーター」⇒「トレンド」⇒「ボリンジャーバンド」といった流れで選択していけば、画面にボリンジャーバンドのラインが表示されます。

デフォルトの状態だと標準偏差「±1σ」「±2σ」「±3σ」のラインが表示されますが、これは設定画面から変更することが可能です。

ハイローオーストラリア用のチャート分析なら「±2σ」のラインだけ残しておけば十分なので、ほかのラインは消してしまって構いません。

スマホ版の方もほとんどやり方は同じで、上のインジケーターリストからボリンジャーバンドを選ぶだけです。

ご覧のようにボリンジャーバンドのラインを突き抜けた後は値動きが停滞・値戻りするようになっているので、こちらを指標にすると予測がしやすくなります。

クロネコ

スマホの方が使いやすそうなので、僕はスマホでチャート分析をしながらパソコンでハイローオーストラリアに注文を出そうと思います。
その方法もおすすめですね。仮にスマホしかない場合は画面を分割表示させるといいかもしれません。

先生

【ハイローオーストラリア攻略】ボリンジャーバンドを使ってチャート分析

ハイローオーストラリア攻略のためにボリンジャーバンドを使うなら、まずトレンドが発生しているかどうかの確認に使ってみましょう。

考え方としては、①のところで「ボリンジャーバンドのラインに沿ってレートが上がっているから上昇トレンドが始まったのかな?」とチェックに入ります。

そして②のところで値戻りを確認した後に、③で再上昇したところを狙うわけです。

赤丸のタイミングで30秒~1分のターボ取引・ターボスプレッド取引を選べば高確率で予想的中となります。

やり方はたったこれだけなので初心者でも実践しやすいはずです。

また、反対に値戻りを狙うというのもひとつの方法です。

ボリンジャーバンドのラインをグッと突き抜けた後は必ず値戻りが発生しますので、このタイミングで逆張りをすれば勝つ可能性が高くなります。

値戻りは短時間で終わることもありますので、こちらも30秒~1分の取引がおすすめです。

こうした攻略法をひとつ知っておくだけでも勝率というのは随分と変わってきます。

正直、ハイローオーストラリアのように選択肢が2つしかない投資であれば、これだけでも十分に稼げるのでぜひ使ってみてください。

クロネコ

これなら初心者でもすぐ真似できますね。
ボリンジャーバンドは設定も楽なので非常に使いやすいですよ。
知識がなくてもこれさえ覚えてしまえばだいたいの流れが把握できるようになります。

先生

まとめ

ハイローオーストラリア攻略にボリンジャーバンドは有効なのか?という点について解説してきました。

ご覧いただいたようにボリンジャーバンドはとても使いやすいインジケーターです。

初心者でも簡単にチャート分析が出来るようになりますので、ぜひ試してみてください。

この方法を覚えれば初心者でも勝率60%~70%を狙うことが可能です。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。