バイナリーオプションで逆張りは有効?ハイローオーストラリアを参考に徹底解説!

クロネコ

バイナリーオプションで稼ぐためには「逆張り」の仕方も覚えないといけないんですよね?
逆張りってどういったときに使えば良いんですか?
逆張りは色々なタイミングで使うことが出来ます。
どんなときが逆張りに適したタイミングなのかなどを分かりやすく解説していきましょう。

先生

バイナリーオプションは為替レートを利用した投資法の一種です。

FXよりも内容がシンプルなところが魅力的で、投資初心者の方でもすぐにその仕組みを理解できます。

ここでは、そんなバイナリーオプションにおける「逆張りの有効性」や、「逆張りを狙うタイミング」などを分かりやすくまとめました。

なお、これからバイナリーオプションを始める方におすすめの業者と言えば「ハイローオーストラリア」です。

この記事ではハイローオーストラリアの取引画面を参考にしながら「逆張り」の仕方を説明していきますので、ぜひ参考にしていってください。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

バイナリーオプションを逆張りで攻略!ハイローオーストラリアを参考におすすめの方法を徹底解説!

男, 起業家, 発達, 成功, 考え, 能力, ヴィジョン, 目標, マーケティング, 予定, 始める

「逆張り」という言葉は色々なシーンで使われますが、投資の世界でいうと「相場の流れとは逆の方向に注文を出すこと」を指します。

ちなみに逆張りの反対語が「順張り」です。

順張りは相場の流れに沿った方向に注文を出すことを意味しています。

なお、基本的に初心者がまず覚えるべきは順張りの仕方で、その次に逆張りを覚えるというのが普通の流れです。

ということで、逆張りと順張りの違いや基礎的な使い方というのを見ていきましょう。

バイナリーオプションでの逆張り・順張りとは?違いや使い方は?

まずは逆張りと順張りを使う基本的なタイミングから解説していきます。

チャート左側のように上昇トレンドが発生しているときは素直に「ハイ」の注文を出します。

これがいわゆる順張りです。

相場の流れに沿った注文なので、初心者でも分かりやすい方法だと思います。

続いてチャート右側でレートが大きく上に跳ね上がった後、値戻りを起こすタイミングで「ロー」に注文を出すのが「逆張り」です。

上のチャート画面には「2σのボリンジャーバンド」のラインを表示させています。

このボリンジャーバンドのラインを上手く使うと逆張りを出すタイミングが分かってくるのですが、ボリンジャーバンドの役割を先に理解しておきましょう。

【順張り・逆張りのタイミングを知るためのボリンジャーバンド】

  • 統計学を用いたテクニカル分析用のインジケーター
  • 標準偏差±2σのラインの内側に値動きが収まる可能性は約95%
  • ±1σや±3σのラインもあるが、基本的には±2σのラインだけチェックしておけばいい

このようにレートの動きはボリンジャーバンドのライン内に収まる傾向にあるのでよくチェックしておいてください。

ボリンジャーバンドは初心者でも使いやすいインジケーターです。

そのため、バイナリーオプションを始めるなら最初にこのボリンジャーバンドの使い方を覚えておいてください。

クロネコ

なるほど。
ボリンジャーバンドのラインを大きく突き破るような値動きをした後は、値戻りが起きるからそのタイミングで逆張りをすれば良いってことか!
その通りです。
ちなみにハイローオーストラリアなら30秒や1分といった短期売買が出来るので、このちょっとした値戻りを狙った逆張りが有効になってくるのです。

先生

バイナリーオプションで逆張り戦略をおこなうときのタイミング

バイナリーオプションで逆張りをおこなうタイミングは、先ほどご覧いただいたトレンド時の値戻り以外にもあります。

それがこちらのレンジ相場と呼ばれるタイミングです。

一定の値幅を行ったり来たりしているときの相場をレンジ相場と言いますが、このときは上のラインを越したときに「ロー」、下のラインを越したときに「ハイ」といった逆張りをおこないます。

為替相場の7割はレンジ相場といわれているので、レンジ相場での逆張りを覚えるとバイナリーオプションで勝てる可能性がグッと高まります。

つまりバイナリーオプションで逆張りを狙うタイミングは「トレンド相場でのちょっとした値戻り時」「レンジ相場での高値・安値に触れた時」といった感じです。

これを上手く使い分けられるようになればトレーダーとしてのレベルがひとつ上がりますので、ぜひ覚えておいてください。

クロネコ

トレンド相場にレンジ相場、相場の流れに合わせた注文方法が大事ってことか。
闇雲に何となくレートが上がっているから「ハイ」に注文を出すということでなく、いまはどんな相場でレートが上がっているのかを理解することが重要ということですね。

先生

バイナリーオプションで逆張り戦略を実践!【ハイローオーストラリアを参考に】

それでは実際にチャートの分析をしながら、ハイローオーストラリアを参考に逆張り戦略を実践していきたいと思います。

なお、おすすめの方法はボリンジャーバンドとRSIを組み合わせたチャート分析法です。

【RSIってなに?】

  • 対象銘柄の買い・売りの気配の強さを知るために使うインジケーター
  • RSIは0%~100%で表示される
  • 一般的にRSIが70%以上になると買われすぎ、RSIが30%以下になると売られすぎという判断をする

こうしたインジケーターを使う場合にはスマホ版アプリもリリースされているMT4やMT5を利用してください。

こちらはMT4のチャート画面です。

チャート上に表示されている紫のラインがボリンジャーバンド、下に表示されているのがRSIです。

このタイミングだとボリンジャーバンドのラインを突き抜け、RSIの数値も70%を超えています。

つまりレートが下がる可能性が極めて高いと言えるので逆張りチャンスということです。

それでは実際にハイローオーストラリアで注文を出してみましょう。

おそらく値戻りが短期的なものだと判断したので、ここでは「30秒のターボスプレッド取引」を選びました。

ちなみにハイローオーストラリアの「30秒・ターボスプレッド取引」はペイアウト率が2.3倍と最高倍率なので非常におすすめです。

そんな30秒・ターボスプレッド取引でも、ご覧のように見事勝利を収めることが出来ました。

チャート分析の結果、レートが下がると予想できたので逆張りの「ロー」に5,000円の注文です。

取引が終了されて「5,000円」⇒「11,500円」になったことが分かります。

このようにトレンド相場における値戻りタイミングはかなりの狙い目です。

初心者でも稼ぎやすいタイミングなので、逆張りをするならこうしたときを狙いましょう。

もちろん先ほどご紹介したレンジ相場で逆張りをするのもおすすめです。

ただし、レンジ相場での逆張りは判断をするのに時間が掛かるといったデメリットもあります。

そのため、初心者の方であれば最初は小さなトレンドを見つけ、値戻りが起きるタイミングを待つという方法を実践してみてください。

クロネコ

チャート分析ってけっこう簡単なものなんですね。
もっと難しいデータとかを使うのかと思っていました。
もちろん高度なチャート分析方法も有効ですが、バイナリーオプションならこれくらいシンプルな分析法だけでも十分勝てますよ。

先生

まとめ

バイナリーオプションにおける逆張り戦略の有効性について解説してきました。

ご覧いただいたように基本的なチャート分析さえ理解していれば、有効な逆張り戦略が実戦できます。

逆張りという注文方法が使えるようになれば稼ぐチャンスも一気にアップしますので、ぜひチャレンジしてみてください。

また、短期的な値戻りを狙うなら30秒や1分といった取引時間を用意しているハイローオーストラリアがおすすめです。

日本のバイナリーオプション業者ではこうした短期売買を提供していないので、あまり稼ぐことが出来ません。

このあたりも覚えておくと効率的に稼げますので、参考にしてもらえればと思います。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。