バイナリーオプション初心者向け!基礎用語を簡単解説【ハイローオーストラリアサポート】

クロネコ

バイナリーオプションを始めたいんですけど、取引に使う用語がまったく分かりません。
初心者向けに分かりやすく解説して欲しいです。
それではバイナリーオプションでよく使われる用語をいくつかまとめてご紹介していきましょう。

先生

「バイナリーオプションに興味があるけど知識がないので挑戦できない…」

こうした悩みを持っている方は意外と多くいます。

そうした方に向けて、この記事では海外バイナリーオプション業者「ハイローオーストラリア」を参考にしながらバイナリーオプションの基礎用語を分かりやすくまとめてみました。

これさえ覚えておけば初心者でもすぐに取引が出来るようになりますので、ぜひ参考にしていってください。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

バイナリーオプション初心者向け!基礎用語を簡単解説【ハイローオーストラリアサポート】

バイナリーオプションというのは為替レートが上がるか下がるかを予想するだけの投資です。

そのため、基本的には誰でもすぐに取引の仕方が理解できます。

しかし、実際にバイナリーオプションサイトを開くと見たことがない用語でいっぱい…といった方もいるはずです。

そんな初心者に向けて、ここではバイナリーオプションでよく使われる用語について簡単解説をおこなっていきます。

バイナリーオプション・基礎用語集①チャート分析(テクニカル分析)

バイナリーオプションに限らず、投資を始めようとすると「チャート分析(テクニカル分析)」という言葉をよく見聞きすると思います。

チャートとは、為替の値動きをローソク足やラインで表した図のことです。

図の中央に表示されているのがローソク足です。

ローソク足は選ぶ時間によって表す値動きの幅が変わります。

このローソク足を見ながら、赤矢印のようなインジケーター(図ではボリンジャーバンド)を使って分析をおこなっていくわけです。

チャート分析に慣れてくると、今後の値動きの予測精度が上がっていきます。

バイナリーオプション・基礎用語集②レンジ相場&トレンド相場

為替相場は一般的にレンジ相場とトレンド相場の2つに分けられます。

  1. レンジ相場:同じくらいの値幅でレートが行ったり来たりしている状態
  2. トレンド相場:レートが一方向に進んでいる状態

レンジ相場はレートが上がったり下がったりしている状態を指し、トレンド相場はレートが極端に上がる・極端に下がる状態を指します。

レンジ相場を形成しているときには、高値で「LOW」安値で「HIGH」といった形で逆張りをすることが多いです。

反対にトレンド相場のときはレートが進む方向に対して順張りをおこないます。

バイナリーオプション・基礎用語集③順張り&逆張り

順張りとはレートが進んでいる方向に対して注文を出すことを指します。

レートが進む方向とは逆に注文を出すのが逆張りです。

なお、初心者がバイナリーオプション取引を始める場合は順張りで勝てる方法を見つけましょう。

逆張りで稼ぐにはある程度熟練したチャート分析能力が必要です。

ちなみにもっとも簡単なのは、極端なトレンド相場が来るのを待って順張りを連続して出すという方法となります。

これなら外れるリスクが少なく、初心者でも5割以上の勝率が出せるはずです。

バイナリーオプション・基礎用語集④ペイアウト&ペイアウト率

バイナリーオプションは注文を出した時点で事前に「利益の額」が分かる投資法です。

利益の額は「ペイアウト率」によって決まります。

【バイナリーオプションにおける利益の計算】

  • 注文額×ペイアウト率=ペイアウト額
  • ペイアウト額-注文額=利益

参考例:1,000円×2.3倍=2,300円⇒2,300円-1,000円=1,300円(利益)

バイナリーオプションで稼ぐには注文額を上げるか、高いペイアウト率を設定している業者を使うかの2択です。

当サイトでおすすめしているハイローオーストラリアは海外業者内でトップクラスのペイアウト率(最大2.3倍)を誇っています。

あまりお金を持っていない方でもトータルして稼げるバイナリーオプション業者と言えますので、海外バイナリーをするならぜひハイローオーストラリアを選んでください。

バイナリーオプション・基礎用語集⑤スプレッド

スプレッドとは買値と売値の差額のことです。

ただし、バイナリーオプションの場合だと「ハンデ」といった意味合いが強くなります。

たとえばポンド円の取引に対して0.4pipsのスプレッドが付いている場合は、「0.004円分のハンデ」といった形になります。

このとき取引時間が終了するタイミングで0.004円分のスプレッド幅を超えていないとドローという結果になり、注文額が没収されてしまうわけです。

ただしスプレッドが付いている取引は難易度が上がる分、ペイアウト率が高くなります。

チャート分析に自信があればスプレッド付きの取引で稼いだ方がお得と言えますので、ぜひ一度は挑戦してみてください。

バイナリーオプション・基礎用語集⑥ターボ取引

ターボ取引はハイローオーストラリア独自の取引種類です。

簡単に言えば「超短期的な売買」のことを指しますが、具体的な取引時間だと30秒・1分・3分・5分の中から選べるようになっています。

ちなみに国内のバイナリーオプション業者の場合は「最短でも2時間後まで」という規制があり、数分で完結するような取引は提供していません。

時間がないサラリーマンなどが自宅に帰ってからサクサクっとバイナリーオプションで稼ぐには、ハイローオーストラリアのように短期売買を提供している業者の方がおすすめです。

バイナリーオプション・基礎用語集⑦通貨ペア

通貨ペアとはドル円やユーロドルのように2つの法定通貨が組み合わさったものを指します。

最近だと仮想通貨もこれに加わり、ビットコイン/円・ビットコイン/ドルといった銘柄も見かけるようになってきました。

なお、バイナリーオプションをする上ではこの通貨ペア選びが非常に重要です。

というのも、通貨ペアにはそれぞれ異なる特徴や性質があります。

「ドル円だったらこれくらいの値動きをするはず」という予測のもとポンド円などの取引をすると「思っていたよりも値動きが激しく、逆に値戻りが発生してしまった」といったことも起きるわけです。

そのため、取引をする際にはあらかじめ通貨ペアの特徴を理解しておくようにしましょう。

バイナリーオプション・基礎用語集⑧注文レート&判定レート

注文レートとは自分が注文を出した時のレートを指します。

そして約定レートとは判定時間になった時のレートを指します。

たとえば「HIGH」に注文を出した時は、注文レートより判定レートの方が高ければ取引成功となるわけです。

約定レートが決まるタイミングは自分が選んだ取引時間によって変わってきますので、注文を出す時にはその点を踏まえた上で予測しましょう。

バイナリーオプション・基礎用語集⑨ボラティリティ

金融投資を始めるとよくボラティリティという言葉を見聞きします。

ボラティリティとは「市場の流動性」のことです。

仮に「ボラティリティが高い」と書かれていれば、それは市場の流動性が高く値動きが荒々しいといった解釈が出来ます。

反対にボラティリティが低い場合は「安定した値動き」といった意味になるわけです。

バイナリーオプション・基礎用語集⑩両建て

両建てとは同じ通貨ペアに対して買い・売りの両方の注文を出す行為です。

バイナリーオプションの場合だと、ペイアウト率が2倍以上の取引に限って両建て戦略が有効になってきます。

  • ペイアウト率2.3倍の取引で両建てをおこなう(注文額はどちらも1,000円)
  • HIGHが当たると2,300円のペイアウト
  • このときLOWは外れるので1,000円のマイナス
  • 合計2,000円を使って2,300円のペイアウトなので、差し引き300円のプラスとなる
  • ただし、完璧に同じタイミングで注文を出すことは出来ないため、両方負けるリスクもある

こちらがバイナリーオプションにおける両建て戦略の概要となりますが、これをハイリスクと捉えるかローリスクと捉えるかは個人の考え方次第です。

ただし、複数の口座を使っての両建てを禁止している業者もありますので、そのあたりは事前に確認をしておきましょう。

クロネコ

バイナリーオプションの基礎的な用語がかなり理解できました!
初心者向けに重要な用語だけピックアップしてみましたが、ひとまずこちらを理解しておけば問題なく取引が出来ますよ。

先生

まとめ

バイナリーオプションの基礎用語を分かりやすくまとめてきました。

ご覧いただいたのは初歩的な用語となりますが、最低限これだけでも覚えておけば取引に差し支えはないと思います。

あとは実際に取引をおこなって仕組みを理解するだけなので、興味がある方はぜひハイローオーストラリアを利用してみてください。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。