バイナリーオプション取引にフィボナッチ分析は有効?【ハイローオーストラリア口座開設】

クロネコ

バイナリーオプションの攻略法を色々と調べているんですけど、「フィボナッチ分析」について詳しく知りたいです。
フィボナッチ比率を使った「フィボナッチリトレースメント」はFXの世界でよく利用されている分析方法ですね。
それでは初心者でも分かるようにフィボナッチ分析を解説していきましょう。

先生

バイナリーオプションは為替の値動きを利用した投資法のひとつです。

為替投資で稼ぐためにはチャートの分析が必要不可欠となりますが、そんな分析方法のひとつが「フィボナッチ比率」を使ったフィボナッチリトレースメントです。

この記事では、そんなフィボナッチ分析に関する情報を詳しくまとめました。

これからバイナリーオプションに挑戦したいと考えている方は、ぜひ攻略法のひとつとしてフィボナッチ分析を学んでいってください。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

バイナリーオプション取引にフィボナッチ分析は有効?【ハイローオーストラリア口座開設】

データベース​構造​計画​による​ビジネス​成長​の​データ​分析 Premium写真

「フィボナッチ(=フィボナッチ数列)」とはイタリアの数学者レオナルド・フィボナッチが発見した数式のことです。

隣り合う数字を足すと次の数字になる関係性をフィボナッチ数列と呼ぶのですが、その数列は以下のようになります。

【フィボナッチ数列】

  • 0, 1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89, 144, 233, 377, 610, 987, 1597, 2584, 4181, 6765, 10946…
  • 0+1=1
  • ⇒1+1=2
  • ⇒2+3=5
  • ⇒5+8=13
  • ⇒13+21=34
  • ⇒34+55=89といった数列が「フィボナッチ数列」

フィボナッチ数列は人間が自然と美しいものと感じる数字の並びと言われていて、人口建築物や美術といった分野でも無意識のうちに活用されています。

(参考例:ヒマワリの種は螺旋状に並んでいて、その螺旋の数を数えていくとフィボナッチ数列になっている)

そして、フィボナッチ数列で隣り合う数字同士の比を計算していくと導き出されるものが、いわゆる「黄金比」と呼ばれるものです。

【フィボナッチ数列から導き出される黄金比】

  • 黄金比⇒1:1.61803
  • 黄金比を求めるために利用されるフィボナッチ比率は以下の通り

 

0.618:その数字の1つ後の数字で割ると比率は0.618になる

0.382:その数字の2つ後の数字で割ると比率は0.382になる

0.236:その数字の3つ後の数字で割ると比率0.236になる

引用:https://www.asobou.co.jp/blog/web/golden-rate

このようにフィボナッチ比率は人間の深層心理に自然と刻み込まれているものと言えますが、これを投資のチャート分析に活かしたものがフィボナッチリトレースメントという分析方法です。

【バイナリーオプション攻略法】フィボナッチ分析ってなに?

フィボナッチ比率を使ったチャート分析方法はいくつかありますが、もっとも有名なのが「フィボナッチリトレースメント」です。

フィボナッチリトレースメントでは先ほど紹介した3つの比率を使ってチャートの値動きを予測していきます。

【フィボナッチリトレースメントで使う比率】

  • 23.6%
  • 38.2%
  • 61.8%

⇒これに0%・50%・100%のラインを加えてチャート分析をおこなう

フィボナッチリトレースメントは「トレンド発生時にどれくらいの値戻りが発生し、どのタイミングで反発が起きるのか?」を予測するために使われる分析方法です。

たとえばこちらのチャート画面をご覧ください。

【フィボナッチリトレースメントの表示方法】

  1. トレンドの起点となるローソク足の最安値(もしくは最高値)から、現在までの最高値(もしくは最安値)を線で結ぶ
  2. このときローソク足のひげを含めるのであればひげ同士を結ぶ(実体を結ぶ場合は実体の最安値と最高値を結ぶ)
  3. チャート上に0%・23.6%・38.2%・50%・61.8%・100%のラインが表示される

フィボナッチリトレースメントの線を描くと、トレンドの値戻りがどのタイミングでまた反転するのかが分かってきます。

上のチャートで言えば、一度上昇トレンドを形成した後にレートが「23.6%の線」まで下がり、そこからまた上昇を始めていることが分かるはずです。

ちなみに23.6%のラインで反転する場合は本線のトレンドが強いと判断、61.8%のラインで反転すると本線のトレンドが弱いと判断します。

このことを理解しておけばバイナリーオプション取引でもトレンド相場における注文が通しやすくなるわけです。

クロネコ

トレンドが発生しているときに、その値戻りがどれくらいまで続くのかが分かるってことですね。
そういうことです。
トレンド相場を狙っているのに予測が反対になってしまうという方は、このフィボナッチリトレースメントを理解することで失敗が少なくなりますよ。

先生

フィボナッチ分析を使ってバイナリーオプションを攻略する方法は?

フィボナッチリトレースメントを使ってバイナリーオプションを攻略する場合は、まず「どのタイミングでまたトレンド方向に値動きが進むのか」を確認します。

たとえばこちらは下降トレンド発生時のチャート画面となりますが、最高値(起点)と最安値を結ぶとこのようなラインが表示されます。

このとき下降していたレートは一度値戻りを見せるのですが、どこかのタイミングでまたトレンド方向に値動きを進めるわけです。

そのタイミングというのが「23.6%」「38.2%」「50%」「61.8%」のラインとなります。

もちろん100%このライン上で値動きが転換すると断言は出来ませんが、確率的には高いので注文の準備をしておきましょう。

そして、上のチャートであれば実際に23.6%のラインで値動きが反転していますので、このタイミングで「ロー」に注文を出します。

正直、これだけでも今までより少しは勝率がアップするはずです。

また、このフィボナッチリトレースメントと合わせてボリンジャーバンドやRSIといったインジケーターによる指標を見れば、さらに高い精度の予測が出来るようになっていきます。

クロネコ

トレンドが発生しているときに注文を出そうとすると順張りをしているのに予測がハズレたりしますよね。
そうした失敗を防ぐためにフィボナッチ比率を使った分析は役立ちそうです!
どこまで反発が続くかを注視しておくと、段々とチャートの動きが予測できるようになってきます。
ぜひフィボナッチリトレースメントを使った分析を勉強して、バイナリーオプションで稼げるトレーダーになりましょう。

先生

フィボナッチ分析を活かしてハイローオーストラリアでバイナリーオプションに挑戦

フィボナッチリトレースメントは仕組みさえ理解すれば非常に簡単な分析方法と言えます

そして、そんなフィボナッチ分析を使ってバイナリーオプションに挑戦するならハイローオーストラリアを選んでください。

ハイローオーストラリアは30秒や1分といった短期的な取引を用意しているので、フィボナッチリトレースメントとの相性が良いと言えます。

【ハイローオーストラリアをフィボナッチ分析で攻略】

  • 1分や5分のチャートにフィボナッチリトレースメントを表示させる
  • どのタイミングで値戻りが止まるか、値動きが進むかを分析して注文をおこなう
  • 短期的なトレンドの方が予測しやすい
  • ハイローオーストラリアは短期売買に特化したバイナリーオプション業者
  • フィボナッチリトレースメントの効果が発揮できる

なお、フィボナッチリトレースメントを使うのであればMT4・MT5の利用がおすすめです。

どちらも無料で使えるソフトウェアで、スマホ版アプリもリリースされています。

クロネコ

さっそくハイローオーストラリアでフィボナッチリトレースメントを試してみたいと思います。
フィボナッチリトレースメントはFXの世界でもよく使われている手法なので信頼性は抜群です。
ぜひ、バイナリーオプションの攻略にも使ってみてください。

先生

まとめ

バイナリーオプションの予測に使える「フィボナッチ分析」についてご紹介してきました。

ご覧いただいたようにフィボナッチリトレースメントは精度の高い分析に使える方法です。

バイナリーオプション取引においてもその効果を発揮してくれますので、ぜひ一度試してみてください。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。