バイナリーオプション攻略に使える最強インジケーター5選!【初心者必見】

クロネコ

バイナリーオプションを始めたんですけど、いまいちチャート分析の仕方が分からず成果が出ません。
初心者にもおすすめのインジケーターってありませんか?
それではバイナリーオプションの攻略に使える「最強インジケーター5選」をご紹介していきましょう。
どれも使い方が簡単なので初心者向きですよ。

先生

バイナリーオプションは為替のレートが今よりも上がるか下がるかを予想するだけの投資法です。

仕組み自体はとても簡単なので、誰でも気軽に注文が出せます。

しかし、バイナリーオプションでちゃんとした利益を得たいと思った場合には、やはりある程度の勉強やチャート分析の知識が必要です。

そこで、この記事ではバイナリーオプションの攻略に使える「最強インジケーター5選」をまとめました。

これからバイナリーオプションにチャレンジしようと思っている方は、ぜひ最後までご覧になっていってください。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

バイナリーオプション攻略に使える最強インジケーター5選!【初心者必見】

バイナリーオプションはFXよりも簡単に始められる金融投資です。

とは言え、高い勝率をキープするにはチャートの分析が欠かせません。

そんなチャート分析に使われているものが「インジケーター」です。

インジケーターとはチャート上に表示させる指標のようなものです。

レートを表すローソク足とインジケーターの内容を照らし合わせることで、精度の高い予測が出来るようになっていきます。

しかし、インジケーターの数は軽く100種類を超えるので、初心者の場合だと「どれを選べば良いのか?」「どうやって使えば良いのか?」と悩んでしまうはずです。

そんな悩みを解消するために、ここでは最強のインジケーターを5つピックアップしました。

使い方や特徴などを分かりやすく説明していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

バイナリーオプション最強インジケーター①移動平均線

「移動平均線」はFXトレーダーもよく利用している基礎中の基礎と言えるインジケーターです。

移動平均線は主に短期・中期・長期といった3本の線をチャート上に表示させます。

こちらは実際に短期(赤)・中期(青)・長期(黄色)の移動平均線を表示させた画面です。

短期の移動平均線が中期・長期の移動平均線を追い越すような形でクロスすると、その後にトレンドが発生する確率が高いと言われています。

上の画像だと短期の移動平均線が中期・長期のラインを追い越した後にレートがグッと上がっていることが分かりますが、バイナリーオプション取引ならこのタイミングで「HIGH」の注文を出せば勝ちやすいわけです。

また、移動平均線からレートがあまりにも離れると、現在価格が移動平均線のそばに戻ってくるような動きをします。

こうした動きをキャッチして逆張りエントリーするのもひとつの手法です。

クロネコ

移動平均線は有名なので聞いたことがあります。
どうやって使うのかもだいたい分かりましたね!
移動平均線は他のインジケーターとも組み合わせやすいので利用する機会が多いと思います。

先生

バイナリーオプション最強インジケーター②ボリンジャーバンド

続いてご紹介するのはボリンジャーバンドです。

ボリンジャーバンドの概要は以下を参考にしてください。

【ボリンジャーバンドとは】

  • ±1~3σの線と中央値の線で構成されるインジケーター
  • 表示させる線は自分で調整が可能
  • チャート上に表示されるレートは約95%の確率で「±2σのボリンジャーバンド」の内側に収まる
  • トレンドの転換点や値戻りのタイミングを知るために使う
  • どれだけトレンドが継続するのかを判断するための指標としても使える

ボリンジャーバンドは非常にバイナリーオプション向きのインジケーターです。

簡単に言えば「±2σのボリンジャーバンドの線を突破した後、そのままレートがグングン伸びていくことはないので高い確率で値戻りが起きる」といったニュアンスになります。

チャートの外側に表示されている紫の線が±2σのボリンジャーバンドです。

ご覧のようにボリンジャーバンドの線を超えた後、レートは確かに値戻りを見せています。

上のチャートの場合は、値戻りのタイミングで「LOW」に注文を出せば高確率で勝てるということです。

また、トレンドが発生したときにはボリンジャーバンドの線に沿うような形で値動きを進めますので、線にタッチするまでは順張りで稼げるということでもあります。

クロネコ

これはとても分かりやすいインジケーターですね。
ボリンジャーバンドはバイナリーオプション攻略に欠かせないインジケーターと言えますので、ぜひ使ってみてください。

先生

バイナリーオプション最強インジケーター③一目均衡表

一目均衡表は日本人が開発したインジケーターです。

トレンドの方向や強さ、転換点などを視覚化したもので、FXトレーダーの間では定番インジケーターとして知られています。

【一目均衡表の見方】

  1. 「雲」が分厚く表示され、強めの下降トレンドが発生していることが分かる
  2. 雲にねじれが発生しフラットの状態になる(トレンド転換の兆し)
  3. 雲が上昇トレンドを示していて、実際にレートも上がっていることが分かる

⇒③のタイミングで「HIGH」に注文を出せばOK

色が付いた状態で表示されているものが「雲」です。

一目均衡表ではトレンドの強さが「雲」によって表現されています。

雲がねじれて消えると「トレンド終了の合図と共に値動きの転換が始まるかもしれない」と考えることが出来ます。

バイナリーオプションだと中期・長期の取引に向いていますので、15分~1時間または1日単位の注文を出すときに使ってみてください。

クロネコ

トレンドの実体が視覚化されるので見やすいですね。
今がどんな相場なのかを知るためにも一目均衡表は使われています。
バイナリーオプションで考えると雲が薄いときは注文を出すタイミングではないと言えるかもしれません。

先生

バイナリーオプション最強インジケーター④RSI

RSIは初心者でも扱いやすいインジケーターです。

【RSIとは】

  • 市場での売買の勢いを知るために使うインジケーター
  • 画面の下部に表示される
  • 一般的には70%を超えると買われすぎなので売りに転じる可能性が高い、30%を下回ると売られすぎなので買いに転じる可能性が高いと判断されている

ご覧のようにRSIは上のチャートと連動していて、買いと売りの強さを数値で示してくれます。

なお、70%を超えると高い確率でレートが下がるので「LOW」に注文、30%を下回ったときには「HIGH」に注文を出せば良いというシンプルな仕組みです。

RSIはボリンジャーバンドと相性が良いので、ぜひ合わせて使ってみてください。

クロネコ

基準となる数値が明確なので初心者でも使いやすいですね!
RSIもFXトレーダーから人気の高いインジケーターなので、使い方を覚えておいて損はありませんよ。

先生

バイナリーオプション最強インジケーター⑤MACD

MACDは売買の強さをビジュアル化しつつ、表示されるラインが転換点を教えてくれるという優れたインジケーターとなります。

MACDはRSIと同じようにチャート画面の下部に表示されます。

ご覧の通り、MACDが示す2本の線がクロスした後は値動きが転換しやすいので注文を出すチャンスです。

ちなみに2本の線がクロスした直後を狙うのがコツとなりますので、MACDを使う場合はよくチャートを注視しておきましょう。

クロネコ

RSIと合わせてチェックすれば予測の精度が上がりそうですね。
もちろん両方を表示させることも出来ますので、色々な使い方を試してみてください。

先生

まとめ

バイナリーオプションの攻略に使える「最強インジケーター5選」をご紹介してきました。

ご覧いただいたインジケーターはどれも多くのトレーダーが利用しているものとなります。

使い方と特徴を覚えれば今よりもきっと勝率がアップしますので、ぜひ実践してみてください。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。