今さら聞けないハイローオーストラリア用語集【バイナリーオプション初心者向け】

クロネコ

ハイローオーストラリアをやってみたいんですけどバイナリーオプションの用語がいまいち分かりません。
今さら誰かに聞くのが恥ずかしいので分かりやすく教えて欲しいです。
それではハイローオーストラリアを利用する上で知っておくべき用語をまとめて解説していきましょう。

先生

ハイローオーストラリアは海外に拠点を置くバイナリーオプション業者です。

日本でもよく利用されているバイナリーオプション業者なので名前を聞いたことがある人も多いかと思います。

そんなハイローオーストラリアを利用してみたいと思って色々なサイトを覗いてみたものの「初めて見聞きする用語が多くて分からない」といった人もいることでしょう。

そこで、この記事ではハイローオーストラリアを利用する上で知っておきたい用語をまとめました。

バイナリーオプションに興味があり、これからハイローオーストラリアの口座開設を検討している方はぜひ参考にしていってください。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

ハイローオーストラリアの用語を分かりやすく解説!【バイナリーオプション初心者必見】

ハイローオーストラリアはバイナリーオプション取引のみを提供する業者です。

ちなみにバイナリーオプションとは「一定の時間経過後に選んだ投資銘柄の価格が上がるか下がるかを予測する取引方法」を指します。

FX取引に似た部分もあるのですが、大きく違うところは「制限時間があるところ」です。

また、FX取引のようにレバレッジを掛けることは出来ません。

つまり、トレーダーはあくまで自分が持っている資金の分だけ投資ができるということです。

言い換えれば自分が持っている資金以上のマイナスは出ないので、借金をするような事態にはなりません。

このあたりは初心者からしても安心・安全な部分と言えるため、ぜひ覚えておいてください。

それではハイローオーストラリアでよく使われる用語の内容を解説していきましょう。

ハイローオーストラリア用語①Turbo(ターボ)

ハイローオーストラリアの取引方法には大きく分けて「ハイロー取引」と「Turbo(ターボ)取引」の2種類があります。

【ハイロー取引】

  • バイナリーオプションでもっとも一般的な取引方法
  • 約定までの時間がTurbo取引より長い
  • 15分・1時間・1日の中から選択

【Turbo(ターボ)取引】

  • 海外のバイナリーオプション特有の取引方法
  • 約定までの時間が非常に短い
  • 30秒・1分・3分・5分の中から選択

簡単に言えば「取引時間が長いか短いか」の差です。

取引時間の長さによって支払われるペイアウト額は変わってきますが、予測のしやすさという部分にも影響を与えてきます。

特に短期的なトレンドが発生しているときはTurbo(ターボ)取引の方が有利です。

このあたりはトレーダーの好みにもよりますが、実際に取引をしてみて得意・不得意を見極めていきましょう。

ハイローオーストラリア用語②スプレッド

ハイロー取引とTurbo(ターボ)取引にはそれぞれ「スプレッド」が付いた取引方法が用意されています。

つまりハイローオーストラリアで選択できる取引方法は「ハイロー取引」「ハイロースプレッド取引」「Turbo(ターボ)取引」「Turbo(ターボ)スプレッド取引」の4つということです。

【ハイローオーストラリアの取引方法】

  • ハイロー取引:もっとも予測がしやすい一般的な取引方法(ペイアウト率1.85倍~1.95倍)
  • ハイロースプレッド取引:比較的予測がしやすい取引方法(ペイアウト率2倍)
  • Turbo(ターボ)取引:短期的なトレンドに適した取引方法(ペイアウト率1.85倍~1.95倍)
  • Turbo(ターボ)スプレッド取引:もっともペイアウト率が高い取引方法(ペイアウト率2倍~2.3倍)

ハイローオーストラリアにおけるスプレッドとは「ハンデ」のようなものです。

通常は現在時点のレート(白いポイント部分)を参考にレートの上がり下がりを予測するのですが、スプレッド付きの取引ではハンデ分の価格が少し乗っかります。

そのため、注文をするときはハンデ分の差が埋まるくらい値動きが進むかを予測しなければいけません。

これにより的中させることが難しくなるのでペイアウト率も高く設定されているということです。

ちなみにこのスプレッドの数値は銘柄や時間帯などによっても変わります。

取引をするときはいくら分のスプレッドが付いているかをしっかりと確認しましょう。

ハイローオーストラリア用語③ペイアウト

ペイアウトとは「払い戻し」のことを指します。

【ペイアウトについて】

  • ペイアウト率:予測が当たったときの払い戻し倍率
  • ペイアウト額:投資額×ペイアウト率=ペイアウト額(例:1,000円×2.3倍=2,300円)

ハイローオーストラリアの最大ペイアウト率は2.3倍ですが、これは業界トップクラスの倍率です。

なお、ペイアウト率2.3倍は「Turbo(ターボ)スプレッド取引・30秒」のみ適用されます。

条件としては難しそうですが、トレンド相場に乗っかり順張りをおこなえばどの銘柄でもペイアウト率2.3倍を狙うことが可能です。

ちなみにハイローオーストラリアでもっとも低いペイアウト率は1.85倍ですが、これはそこまで悪い倍率ではありません。

むしろ当たりやすいハイロー取引でペイアウト率1.85倍を用意してくれているところは評価できるポイントだと思います。

1.85倍の取引で細かく利益を積み重ねていくスタイルも、2.3倍の取引で大きく稼ぎ続けるスタイルも使えますので、ぜひ自分に合った取引を見つけてみてください。

ハイローオーストラリア用語④約定時間・判定レート

約定時間とは「この時間までにレートが上がるか下がるかを予測してください」という時間のことです。

そして、「約定時間になったときの価格」が判定レートとなります。

ちなみに約定時間までが長いハイロー取引の場合は、あらかじめ約定時間が決まっています。

しかし、Turbo(ターボ)取引の場合は自分が注文したタイミングを基準にして約定時間が決まります。

つまり、相場の分析が出来る人であればTurbo(ターボ)取引の方が有利ということです。

また、約定時間までの距離が長いとその間に急激な為替変動が起こる可能性も高くなるので注意が必要です。

このあたりを考えた上で注文をおこなうと勝率もアップしてきますので、参考にしてみてください。

ハイローオーストラリア用語⑤転売

転売とは「約定時間の前に注文を決済する方法」を指します。

注文時間3分以上の取引であれば転売が出来るのですが、転売のメリットをいくつかまとめましたのでご覧ください。

【転売のメリット】

  • 予測が外れそうなときに全額没収のリスクを回避できる
  • 少しでも利益が出た時点で転売をすれば安全に稼げる

このように転売を上手く活用するとローリスクな投資が出来るようになります。

転売できる価格は残り時間などによって変動するのですが、明らかに予測が外れたときなどは早めに転売をするのがセオリーです。

全額没収のリスクを回避すればその分取引に使えるお金が残せるので、後から巻き返すことも出来ます。

こうした転売機能が付いているところもハイローオーストラリアの魅力と言えますので、ぜひ覚えておいてください。

ハイローオーストラリア用語⑥トレンド相場

トレンド相場とは値動きが一方向に向かって進んでいる状態の為替相場を指します。

トレンド相場には短期的なものから長期的なものまでありますが、この流れを読みながら注文時間を決めることが重要です。

仮に短期的な上昇トレンドが発生しているのであれば、30秒~3分の取引を選び「ハイ」に投資し続けることで勝率がアップします。

また、1週間など長期的なデータで考えて上昇トレンドになっているのであれば、1日という注文時間を選び「ハイ」に投資すれば勝てる可能性が高くなるわけです。

ハイローオーストラリア用語⑦レンジ相場

レンジ相場とは一定の期間、決まった値幅の中で値動きを繰り返している状態の為替相場を指します。

たとえばドル円のレートが「109.20円~109.50円」の間で行ったり来たりしているとしましょう。

この場合は底値のときに「ハイ」、高値のときに「ロー」を選択すれば勝てるということです。

ただ、こうした逆張りをするときにはある程度値動きが進むための時間が必要です。

そのため、逆張りをするなら5分以上の注文時間を選んだ方が勝ちやすいと言えます。

仮に予測を外しても転売をすることで全額没収のリスクが回避できますので、そのあたりも考えながら注文をおこなってみてください。

ハイローオーストラリア用語⑧インジケーター

インジケータ-とは為替予測をするときに使うデータや分析ツールのことです。

こちらはドル円5分足のチャート表ですが、外側や中に描かれているラインがインジケーターの線となります。

インジケータ-には数百という種類があり、それぞれ異なる分析データや結果が得られます。

複数のインジケーターを組み合わせることで精度の高い為替予測が出来るようになるわけですが、詳しい方法については以下の記事を参考にしてみてください。

初心者の方でも為替予測の仕方が分かるようになると思います。

ハイローオーストラリア攻略法!分析の仕方や取引方法まで徹底解説

まとめ

ハイローオーストラリアでよく使われる用語について詳しい解説をおこなってきました。

なお、実際に取引をおこなってみると段々用語の意味が分かるようにもなってきます。

そのため、まずはハイローオーストラリアのデモ取引を試してみてください。

デモ取引はこちらの口座開設ページからも利用できますので、ぜひ参考にしてもらえればと思います。

ハイローオーストラリアの口座開設はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。